【家政婦を許したことが明かされる】TWICEツウィの台湾での自宅で公式グッズなどが大量に盗まれる⇒犯人が家政婦と判明するも…?|人間翻訳機の雑食サイト
K-POP

【家政婦を許したことが明かされる】TWICEツウィの台湾での自宅で公式グッズなどが大量に盗まれる⇒犯人が家政婦と判明するも…?

TWICEのツウィの台湾の自宅で窃盗事件が発生、その後犯人が家政婦であると分かるも、その後保釈されたことが明らかになりました。

⇒既存の記事から追記しています。

ツウィの台湾の自宅で窃盗事件が発生する

1月28日(現地時間)、ツウィの台湾での自宅で窃盗事件があったことが大きく報道されました。ツウィの母親いわく、ボランティア団体の寄付のために集めていたTWICEのサイン入りアルバム、フォトカードなどが大量に盗難に遭ったとのこと。その後、フリマサイトで高額で売られていたといいます。

insight

犯人が家政婦と判明するもその後保釈される

これを知った母親が即警察に通報、その後の調査により、自宅に毎週月曜日に家政婦としてやってくる女性が犯人であることが判明。家政婦の犯行動機は不明であるものの、その後盗まれたグッズの一部は警察により回収となっています。

insight

insight

またその一方で、家政婦は窃盗罪により裁判にかけられたそうですが、1月28日に2万台湾ドル(約8万円)を支払い保釈が決まったとのこと。その後、2月下旬に入りツウィの母親がに家政婦と直接会っては「もう二度とこのようなことはしないように」と注意し許したとし、家政婦からも謝罪の言葉があったことが明らかになっています。

insight

ツウィが韓国に5000万ウォンを寄付も中国が反発?

また、こちらは別件で2020年の話題になりますが、新型コロナウイルスの拡散防止のために韓国に5000万ウォンを寄付したツウィ。この件が中国メディアにより報道がなされると、一部の中国のネットユーザーから「韓国に寄付しておきながらなんで中国にはしないんだ?」といった反発の声が起こったとされています。

원본 이미지

naver

しかし、このような中国のネットユーザーの意見に反し、ツウィは後に中国にも約5000万ウォンに相当する30万元を寄付していたことが明らかになっています。このような中国側の理不尽なクレームには様々な反応が寄せられました。

원본 이미지

naver

ネット上のリアルな反応

・大陸のくせに5000万ウォンもらえないとほざくゴキブリどもが

・ツウィは韓国にも中国にも寄付をした天使なのに…

・台湾人なのにツウィは韓国にも中国にも寄付をしたんだよ

・善行に対し悪口って、ツウィは気にすることないよ

・ツウィは台湾人。そもそも中国に寄付などする義務はない

・ツウィの母国は台湾です

・NO CHINA

・まだ台湾を中国の領土だと思っている輩がいるみたいだね

・中国は世界の腫れもの扱い、中国がウイルスばらまかなければ寄付することも無かっただろうに

・ツウィに養ってもらってるわけでもないくせになぜ寄付を求める?

関連記事

TWICEメンバーがinstagramにて投稿した1枚の写真。「ミナなのかツウィなのかサナなのかダヒョンなのか分からない」と話題にTWICEのとあるメンバーが1月8日に投稿したinstagramの写真にて「一体どのメンバーなのか分からない」とファンも思わず混乱してしまったようです。...