MENU
2022年に契約更新を控えるK-POPアイドルまとめ!TWICEなど主要アーティスト多し?|人間翻訳機の雑食サイト
K-POP

【TWICE追記】2022年に契約更新を控えるK-POPアイドルまとめ!TWICEなど主要アーティスト多し?

K-POPアイドルと所属事務所との契約期間は基本的に7年とされていますが、2022年に契約更新を控えるK-POPアイドルは主要アーティストが多いということもあり、その再契約の可否に注目が集まっています。

2015年デビューの再契約の可否に大きな注目が集まる

2021年に契約更新を控えるK-POPアイドルは7年前である2015年にデビューしたアイドルが主に該当します。

また、2015年デビューのアイドルはTWICE、SEVENTEENなどの主要アーティストのほか、MONSTA Xなども含め、オーディション番組出身やデビュー前からトレーニングの模様が公開され、初期の段階からファンがついていたグループが多いのが特徴。

2022年に契約更新を控えるK-POPアイドルまとめ

なお、現段階ですでに再契約の可否が決まっているK-POPアイドルもいますが、2015年デビューのK-POPアイドルの現在の動向を下記にてまとめてみました。

デビュー日所属グループ再契約の可否解散の可否備考
2015年3月19日CLC 2022年5月20日活動終了発表
2015年4月21日OH MY GIRLジホ脱退⇒6人組に再編成
2015年5月14日MONSTA X 
2015年5月20日N.Flying2021年初旬に再契約
2015年5月26日SEVENTEEN2021年7月に再契約
2015年8月24日APRIL2022年1月28日解散発表
2015年9月7日DAY6
2015年9月10日UP10TION
2015年9月14日DIAメンバーごとに契約期間が異なる。EUNICE、ヒヒョン、イェビン、チェヨンのみ再契約の対象。
2015年10月20日TWICE2022年7月に再契約

ちなみに、予定よりも1年早く再契約を果たしたSEVENTEENの場合、10人以上在籍し、かつ外国人メンバーも含むグループ全員での再契約をしたことで大きな話題になったことがあります。

韓国アイドルにおける『7年のジンクス』というのは、再契約をせず所属事務所を退社or移籍するアイドルも多く、またグループが再契約してもメンバー全員の再契約には至らない場合も多い中、SEVENTEENのような前例は初といえるでしょう。

【Lovelyz追記】7年のジンクスを破るのは難しい?2021年に契約更新を控えるK-POPアイドルまとめK-POPアイドルと所属事務所との契約期間は基本的に7年とされていますが、そのジンクスを破るK-POPアイドルというのはそう多くはありません。今回は2021年に契約更新を控えるK-POPアイドルをピックアップしてみました。...
【S.COUPSの活動休止が発表される】SEVENTEENアルバム『Your Choice』収録曲&形態の違いまとめSEVENTEENが6月18日に韓国8thミニアルバム『Your Choice』を発売することが決まりましたが、「形態がたくさんあって分からない…」という方のために、今回はその詳細についてまとめていきます。...