SEVENTEENミンギュ、学生時代のいじめ疑惑がネット上に暴露されるもPLEDIS側が否定「卒業アルバムが違う」|人間翻訳機の雑食サイト
K-POP

【PLEDIS側が最終立場を出すことに】SEVENTEENミンギュ、学生時代のいじめ疑惑がネット上に暴露されるもPLEDIS側が否定「卒業アルバムが違う」

2月22日の明け方、SEVENTEENのミンギュの同級生とされるネットユーザーが「学生時代にいじめを受けた」とネット上で暴露したことで騒動となった一方、所属事務所であるPLEDISエンターテイメントが公式立場を明かすこととなりました。

「学生時代にミンギュからいじめを受けた」と暴露文が掲載される

2月22日の明け方にとあるオンラインコミュニティにて、小学校、そして中学校の同級生と名乗るネットユーザーが「ミンギュからいじめを受けた」と暴露。ミンギュは中学1年の頃から不良の集団の中にいては暴力&暴言を繰り返し、さらには金銭を要求されたことを明かしています。

원본 이미지

naver

それだけではなく、ミンギュは未成年の頃から飲酒&喫煙をしていたとし、中学3年生の頃に芸能事務所からスカウトされた後は自身のイメージを守ることに気を遣っていたことを投稿者は明かしています。現在は該当の投稿が削除されています。

ミンギュの暴露文全文

こんにちは。今回のス〇ンの件で勇気を出して投稿しようと思います。今まではこんなことを公の場で言うのもアレだし、どうせ大手事務所に対抗しても負けるだけだと思っていたので、一生我慢しようかとも思っていました。しかし、ス〇ンの件が明るみになってから、Naverのリアルタイム検索機能が終了する前に誰もが暴露しようという雰囲気になっているため、僕も言おうと決めました。

僕が今暴露しようと思っている方は、小学校と中学校が同じでした。僕は学校でそう目立ってはいませんでしたが、彼は小学生の頃から遊んでいてサッカーも上手く、不良集団のうちの1人でした。

まず、僕が中学1年生の頃、先輩からいじめを受けたことがありました。先輩たちはその時退屈だったからか、それともただ怒りをぶつけたかったのか分かりませんが、僕にひどい言葉を投げかけてきては頭を押し付けるといった軽い暴力を振ってきたりもしました。僕はとても怖く泣いていました。でもこの状況にも関わらず、遠くからそんな僕のことをただただ見ては笑い、さらに僕の顔にコーラの蓋を泣けてきました。それがキム・〇〇ギュです。あの時に僕に吐いた言葉は今でも忘れられません。

「めっちゃウケる」

彼は中学校1年生の頃からタバコを吸っていたことを記憶しています。なぜなら、彼がつるんでいた集団が男女合わせて20人はいたからです。その中にはSE〇〇〇〇〇〇〇のファンも知っている友達もいましたからね。某大学に通うチェさんと言いますが…本当に綺麗な方が多いです。とにかく、この集団はいつもお昼休みに学校を塀を越えては外出したり、また休み時間、登校時間、下校時間など、先生にバレては怒られる瞬間を何度も見ました。

当然ながらお酒も飲んでいました。さらに学校でそれを自慢していました。

そして、中学3年生の頃、キム・〇〇ギュが学校の前でPL〇〇〇〇からスカウトをされ、オーディションで合格した後の話なのですが、僕にメールが来ました。その時は同じクラスではありませんでしたが、何人かに電話番号を聞いていたんです。(僕だけではなく、不良集団ではない友達の番号です)そのメールにはレッスン室に行くのに交通費が無いから明日まで5000ウォン貸してくれるか、ということが書いていったのですが、この当時の学生であれば分かると思うのですが、この頃は特に不良集団が両親や先生よりも怖い存在であったため、僕もその要求を聞かずにはいられませんでした。

するとその後、メールで「お金貸してくれるなら教室に来ないで電話かメールしろ。教室には絶対来るな」と返信が来ました。この頃から自身のイメージを管理し始めたのではないか、と思います。でも僕はこの時、5000ウォンが手元に無く、仕方なく足りないながらも3000ウォンほどのお金を渡そうとメールしようと思ったら、通信料金が足りなくなってしまい送れなくなってしまいました。そのため、やむを得ず教室に行くことにしました。

僕に気づいた彼は驚いていました。すると僕を屋上に連れて行き僕を怒りました。

「教室に来るなって言ったのになんで来た?」

「金持ってきたか?」

「これしか無いのかよ」

「分かったよ。もう行け」

この4つの文章だけ言ったことを今でも覚えています。このように鮮明に覚えているほど、当時の彼の態度は相当なものでした。それ以降、キム・〇〇ギュは1年後?にこの件が今でも心残りだったのか、僕のFacebookに誕生日のメッセージを送ってきたんです。僕は彼とFacebookで繋がりは無かったのですが。僕はアカウントを変更したことがないため、今でもそのメッセージが残っています。

到底信じられない方もいると思いますので、キム・〇〇ギュの昔のFacebookのアカウントを載せます。デビュー前の写真であれば捏造とも思われかねないので。また、動画も投稿しようと思ったのですが、ここには乗せられないようですね。卒業アルバムも必要であれば載せます。

そして、Cyworldが復活次第、コメント欄に追加で写真を投稿します。

[blogcard url=”https://www.ningenhonyakuki.com/k-pop/g-i-dle-student”]

PLEDIS側が「事実無根」と否定

このような暴露文に対し、PLEDIS側が「事実無根」と否定することに。その後、ネットユーザーは投稿とともに、同級生であるという証明として卒業アルバムも添付したようですが、その際の卒業アルバムがミンギュが卒業した年度のものと違うとのこと。

원본 이미지

naver

さらに投稿者の「中学3年生の頃に練習生となった」と記載していたことに関し、実際のところミンギュは中学校2年生の頃から練習生として生活しており、投稿者の主張に矛盾があることを指摘しています。

【2/23追記】投稿者はミンギュの同級生ではなく後輩だった?

投稿者は自身の投稿を書いた数時間後にコメント欄にて「僕はミンギュと同級生ではなく後輩」と明かしているとのことから、卒業アルバムの年度が異なることにも説明がつきます。さらには、投稿者が同じ学年ではなかったことから、ミンギュがいつPLEDISの練習生となったのか正確には分からなかった可能性がある、と他のネットユーザーも指摘しています。

wikitree

【2/23追記】別の同級生が擁護の文章を投稿する

このような騒動の一方、別の同級生とみられるネットユーザーが2月22日に「ミンギュはそんな子ではなかった」と擁護する文章を投稿し、それが大きく拡散され話題になっています。

원본 이미지

naver

別の同級生とみられる投稿文全文①

いじめ?一体何の話(笑)同級生であればみんな知ってると思うけど、不良とつるんでいたのは事実だけど、ただミンギュは誰とでも仲が良かったよ。特に不良仲間と一緒にいたのではなく、ただ人がいいと思えばいいと思うよ。

あと、この中学校は不良が多いとは言われていたけれど、授業終わったら地元の公園に集まるレベルだし…スカート短くしていたくらいだよ…僕だってこういう集団と仲良くしていたりしてたよ。ミンギュがこの程度でいじめをやっていたと言われるくらいなら僕だって一緒だと思う。

ミンギュは気さくな性格で、社交性もあったから誰もが心を開いていたよ。それくらい優しい奴。

ミンギュは普段どんな子だったかというと、お昼休みにごはんを食べてはグラウンドでサッカーして、いつも体操着で過ごしてた。

そして、練習生になってからは午前中だけ授業に出ていた。

僕はミンギュと特に親しいわけではなかったけれど(実際僕のことは覚えていないんじゃないかな)、ただ偶然記事を見てビックリしたからここで事実を言います。

一生懸命頑張っている子に対して虚偽の事実をでっち上げる人がいるというのが驚きですね。

なので、SEVENTEENのファンも、またミンギュのファンも今回の件は忘れて下さい。

別の同級生とみられる投稿文全文②

誰がお金を盗んだって?(笑)中学1年生の頃、とある女子の先輩が後輩にお金を要求したのがバレて校長まで巻き込んで、その後地元の教育庁からもチェックが入ったことがあるんだけど、それから学校では警察が配置されてからはいじめが無くなったんだってば(笑)被害者を名乗る人だって同じ学校だったんだからこんなことくらい知ってるだろ?そして中学2年生から模範校に変わってから学校の雰囲気がガラッと変わったことも知っているはず。

普段から遊んでいた子たちも週末に健全に遊んでた。そのくらいみんな親しく過ごしていたのに今回のあの投稿は何?該当の卒業生であればみんな知ってる。その時の学校の雰囲気も、優しい子たちばっかりだったということも。

そしてミンギュは性格が良かったよ。本当に。

【2/27追記】追加で暴露文が掲載され…?

このように、ミンギュを擁護した投稿文が掲載されたことで、この件は一件落着かと思いきや、2月26日に別のネットユーザーが再び過去のいじめについて暴露。今度は障害を持つ同級生にゴミを投げたり、友人の胸を鷲掴みにしては「お前女だったっけ?こうやってやったら胸大きくなるらしいよ」といったセクハラ行為を行っていたという文章が掲載されたとのことです。

원본 이미지

naver

また、その後過去に同じ塾に通っていたとされる別のネットユーザーが「僕も被害者です」と名乗り、精神科の通院記録の証明書まで投稿したことで、当事者たちの主張が信憑性を増すことに。また、この影響を受けてか、2月27~28日に行われる予定だったSEVENTEENのスペシャルアルバム『Semicolon』発売記念イベントが延期となることに。

【2/27追記】一部のファンがミンギュの脱退を要求する

このような事態に、一部のファンがミンギュの脱退を要求しており「いじめはどんな理由であれ許されざる社会的な犯罪」「いじめの深刻性およびアーティスト管理の重要性を認知し、迅速な立場表明を要求する」とPLEDISに訴えかけていますが、それと同時にミンギュ本人に対し直接的な謝罪も要求しています。

원본 이미지

naver

【2/28追記】PLEDIS側が事実を否定

その後、PLEDIS側は追加での暴露文の内容についてミンギュの同級生や周辺の人物に確認を取ったところ、「そのような事実は無かった」と否定することに。これに続き「ミンギュ自身も今回の件でファンに申し訳ないと思っている」とし、「現在スケジュールを休んでおり、事実確認に対する全ての措置を当社に一任している」という立場を示しています。

원본 이미지

naver

PLEDIS側の公式立場全文

こんにちは。PLEDISエンターテイメントです。

最近、SEVENTEENのメンバーであるミンギュの学生時代の件に関連し、オンライン上に投稿された主張に対する当社の立場は以下の通りです。

まず、当社の立場を迅速に明かすことができず大変申し訳ございませんでした。

該当の投稿がなされた以降、当社はミンギュ本人および追加での事実確認を進めてまいりましたが、その過程において、投稿された内容とミンギュに確認した内容に大きな食い違いがあったことが判明しました。

現在、学生時代のいじめが社会問題になっている中、当社は今回のケースにおいて明確にしなければならないと判断し、一つずつ確認をしてまいりましたが、このようなことから立場表明に遅れが生じました。この点に関し深くお詫びいたします。

以前にもお伝えしました通り、当社は明確な事実関係のため、多くの方法で当事者と連絡を取り、現在もそれは続いています。ミンギュの同級生をはじめとした周辺の人物からその当時の状況について確認を取りました。

現在まで確認できたことを説明いたしますと、ミンギュが障害を持つ同級生をいじめていたという件は事実ではありませんでした。

アーティスト本人は当事者のことを覚えていたことから、当事者の両親と連絡を取ることができました。その結果、被害者とされていた方はむしろ、ミンギュとは親しい関係にありました。また、当事者のお母様は当時の加害者の名前をはっきりと覚えていたことから事実関係をすぐに把握することができました。

現在、当事者は社会生活を送っており、過去の出来事に対し本人の同意なく流布されてしまったことに対し負担を感じています。それにも関わらずミンギュのために事実確認をして下さいました。

当社は他のケースに対しても積極的に確認中にあります。ただ、これらのケースに関してはオンライン上での投稿者の身元を特定することができず、一部の投稿者に関しては本人が「直接の連絡を望んでいない」という立場であるため、接触自体が難しい状況です。

当社はそのような投稿者の立場を尊重するべく、また後に面会を望んだ場合はいつでもそれに対応する予定であります。

当社は社会問題となっている学生時代のいじめの件が、被害者の立場から考慮しなければならないという点については現在も変わらない思いです。ただ、被害者の観点に加え、明確な事実関係が明らかになった際は、その後相応の措置を取るつもりです。

現在問題になっている内容は、ミンギュの小学生&中学生時代の頃の出来事であるため、事実関係をより明確にする必要があると判断しています。

ミンギュ本人は今回の件でファンに不快な思いをさせてしまったことに責任を痛感しています。現在、スケジュールを一旦中断し、事実関係の確認に関しては全ての措置を当社に一任しています。

当社もまた、所属アーティストに関連し、ご迷惑をかけした点について深くお詫びいたします。

もちろん、今回の公式立場で終わりではなく、持続的に事実関係の確認を進め、それに対する相応の措置をしてまいります。ただ、この過程が決して簡単なものではないため、所定の時間を要することをご理解ください。

被害者と名乗る方々に直接面会し事実を確認、また当事者の心の治癒が最も重要なことです。それに加え、事実関係の確認なく、ひとりのアーティストの人生に関わる問題を軽い気持ちで判断できないことに関してもご理解いただければと思います。もちろん、事実関係の確認の過程でミンギュに過ちがあると判断された場合には、当社はそれなりの措置を考えています。

改めまして、所属アーティストに関連した出来事で不快な思いをされた方に深くお詫びいたします。

【3/12追記】当事者に直接会い誤解を解いたことを明かす

さらにPLEDIS側は3月12日、いじめを暴露した当事者に直接会い、誤解を解いたことを報告。「追加での事実関係を確認した」とし、当事者も話し合いで十分理解したとされています。

원본 이미지

naver

PLEDIS側の公式立場全文

こんにちは。

PLEDISエンターテイメントです。

オンライン上に投稿されたSEVENTEEN・ミンギュの学生時代の件に関連し、追加でお知らせしたいことがあります。

当社はミンギュと同じ塾に通った際の出来事を投稿した方と複数にわたり話し合いの場を設け、追加で事実確認を行いました。この過程で今回の件に対する誤解を解き、この件が一旦収束したことをお伝えいたします。

投稿者は中学校在学当時、ミンギュとは関係のない、個人的に複数の出来事を経験したことで、当時あった出来事を知らせるために投稿したといいます。そして、その過程で塾での出来事を投稿したと語っています。

これに対しミンギュは当時、塾で同じクラスだった男子学生とちょっかいを出したことがあるものの、特定の友人をいじめるといった行為はしていないとのことです。しかし、過去のミンギュの行動により、投稿者に不快な思いをさせたのであれば、その点について謝罪すると伝えました。

投稿者はこれを受け入れて下さり、当社との初めての話し合いから「今回の件でグループ脱退や活動休止は望まない」と話しています。

当社は投稿者にまず上記の立場文を確認するよう共有し、投稿者も内容を確認後、同意して下さいました。そのため、今回の件で投稿者に被害がいくような行為はお控えいただきますようお願いいたします。

当社は投稿の内容上、身元の確認が取れた方々とは全て話し合いを終えています。また、身元確認が取れない方に関しても現在、事実関係を把握中です。追加で進展がありましたら別途お知らせいたします。

【3/22追記】追加での公式立場を通じ事態は収束の方向へ?

そしてPLEDIS側は3月21日にも追加での公式立場を出すこととなりましたが、やはり「該当の件を目撃したという方は1人もいなかった」とし、事態は収束の方向に向かっていることを明らかにしています。

원본 이미지

naver

PLEDIS側の公式立場全文

こんにちは。

PLEDISエンターテイメントです。

SEVENTEEN・ミンギュの学生時代の件に関連し、追加でお知らせしたいことがあります。

当社は中学校の同級生が殴られている際、ミンギュが側で笑って見ていたというケースに関し、投稿者の方と連絡が取れました。投稿者は身元が明かされるのを恐れ、まるで目撃者であるかのように文章を投稿しましたが、実際のところは「いじめの当事者だった」と主張しました。

当社は投稿者の立場を聞き、該当のケースに関連し、これに関わる周辺の人物から事実関係を確認しました。

まず、ミンギュは投稿者の主張に対する記憶がなく、さらに「誰かが殴られているにも関わらず、それを笑って見ては暴言を吐いたことなどない」と明確に話しています。投稿者が加害者の名前を明かしたことで、当社は加害者とされる方の証言と、当時の現場を目撃したとされる同級生の証言もともに確保しました。結論からいえば、この件を目撃したという方は1人もいませんでした。

そのため、投稿者が直接、当時の現場にいたとされる友人たちにも連絡したところ、その友人たちも「心当たりがない」という立場です。これに対し、投稿者は該当の件に関し、誰からも証言を得られなかったことから、今回の件は「もう言わない」と当社に伝えてきました。

当社は誰かの記憶だけに依存し、特定のケースが発生したという主張がオンライン上で公開され、その記憶が確実ではないまま事態が収束するという流れに正直当惑しています。それだけではなく、以前に確認が取れたケースに関してもミンギュとは関わりの無かったというのは幸いですが、このような主張により関連づけられた複数の方々が小さくも大きな傷を負うこととなり、これに対応するため多くの時間と努力を消費しなければならないことに対し、どこまで許容するべきか悩んだのも事実です。

それでも当社は投稿者との議論を通じ、投稿者がミンギュとは別件で、学生時代の交友関係において多くの傷を受けたことを理解し、今回の件は別途の措置なく、事実関係の確認のみで終わらせることといたしました。

当社は現在、身元の確認が取れる方々と接触および議論を全て終えています。追加で把握できたことに関しては後日別途お知らせいたします。

【3/24追記】騒動後激やせしたと話題のミンギュ

結局、この件は潔白ということで収束の動きを見せていますが、その後のミンギュの近況を見てみると、この件の心労が大きかったのか「痩せた?」とファンの間で話題になっているようです。

▲Facebook

▲Facebook

【3/30追記】今度は過去の作品をめぐり賛否両論?

いじめ疑惑の件が終わったかと思った矢先、今度は3月28日に過去にミンギュが発表したとされるコラージュ写真をめぐり賛否両論が相次いでいます。

원본 이미지

naver

とあるネットユーザーがSNSを通じ、過去のミンギュの作品を公開したのですが、その作品には女性の体の一部を切り取り貼り付けたものや、また下着の写真も使われていることで「女性蔑視では?」といった批判が相次ぐことに。しかし、その一方で「考えすぎでは?」「ただ作品として見るべき」といったミンギュを擁護する声もみられます。

【4/6追記】「いじめの事実は払拭した」と最終立場を出すことに

4月6日の夜、PLEDIS側がこの件に関連し最終立場を出すこととなりましたが、改めて「いじめの事実は払拭した」と明かしています。

원본 이미지

naver

PLEDIS側の公式立場全文

こんにちは。

PLEDISエンターテイメントです。

オンライン上に投稿されたSEVENTEEN・ミンギュの学生時代に関連し、当社の最終立場をお伝えいたします。

まず、当社は今回のケースに関し、事実関係を全て確認したのですが、何よりも誰も不当な思いをしないという原則で行いました。これにより、ミンギュに関連した文章を投稿した方々と直接コミュニケーションを図りましたが、その過程で事実ではないことや、誤解があった部分に関してはすぐに対処しました。

以前にお伝えした件に続き、最後に中学校時代の投稿をした方を通じ、Bと名乗る当事者の方とも連絡が取れ、3週間にわたり事実関係を確認しました。約10年前のことであるだけに、各自の主張と記憶が異なる部分がありましたが、それでもお互いが同意できるまで話し合いを続けました。

当事者の方に直接会い、証拠や第三者の話を聞くというだけにとどまらず、何よりもお互いの立場を理解し、配慮しながら議論を重ねてきました。ミンギュは中学校時代に友人が冗談を言った際に隣で笑ったことはあるとしています。そのため、ミンギュは当事者の言い分が記憶になく、その行動に特別な意図が無かったとしても、これにより当事者が傷ついてしまったのであれば申し訳ないというメッセージを当社を通じ伝えました。当事者の方もまた、過去のことでミンギュが大きな責任を負うことは望まないと言っています。

当事者とミンギュともに、今回の件でこれ以上被害が起こらないことを願っています。そのため、今回の件による憶測はお控えいただきますようお願いいたします。

オンライン上に投稿した方々を特定し、当事者の過去の記憶をもとに事実関係を把握することに多くの時間と努力を費やしました。うやむやにしてはいけない事案ということもあり、事実関係は慎重に行わざるをえませんでした。これにより、当社の最終立場に遅れが生じたことをお詫びいたします。

ミンギュは今回の件でファンの皆様にご迷惑・ご心配をおかけした点について以下のように伝えています。

「今回は大変申し訳ございませんでした。この件でつらい時期を過ごしていましたが、僕の考えや記憶は別に、意図していなかった僕の行動によって、誰かを傷つけてしまうということを知りました。また、これからどのように行動すればいいのか深く考えさせられました。

僕はファンの皆様のために活動する人間であり、いいエネルギーをお返しするためより成熟した人間にならなければならないと改めて気づかされました。これからより慎重に行動し、これからもファンの皆様の側にいたいです。」

当社は今回をもって、本事案について一段落させるつもりです。また、ミンギュは活動を再開する予定です。

改めまして、弊社アーティストに関しご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。

ありがとうございます。

関連記事

【ミンギュがカムバック当日に謝罪する】防弾少年団ジョングク&ASTROチャ・ウヌ&NCTジェヒョン&SEVENTEENミンギュが梨泰院(イテウォン)のクラブに訪問したという報道に関する各所属事務所の見解防弾少年団ジョングク&ASTROチャ・ウヌ&NCTジェヒョン&SEVENTEENミンギュがソーシャルディスタディ...