元2NE1メンバーの現在の動向は?コーチェラで再結成し話題に|人間翻訳機の雑食サイト
K-POP

元2NE1メンバーの現在の動向は?コーチェラで再結成し話題に

2009年にYGエンターテイメントから4人組ガールズグループ・2NE1(トゥエニーワン)。2016年に解散もいまだ伝説のグループとして語り継がれていますが、今回はそんな元2NE1メンバーの現在の動向について紹介していきます。

⇒既存の記事から追記しています。

2NE1の活動経緯について

2009年結成: 独創的なコンセプトで即人気に

CL、パク・ボム、サンダラ・パク、ミンジの4人で結成された2NE1。2009年当時、YGエンターテイメントではBIGBANGが大きな人気を博していましたが、その次にデビューした2NE1は今までのガールズグループに無かった独創的なパフォーマンスで一躍人気に。

今でこそ『ガールクラッシュ』という単語は韓国で当たり前のように使用されていますが、それに加えヒップホップ、レゲエまでもこなすガールズグループというのは極めて稀であったため、2NE1は既存のガールズグループの固定概念を見事に破ったともいえるでしょう。

2014年: パク・ボムの件で活動休止へ

その後も順調にヒット曲を連発していた2NE1ですが、2014年にグループ存続の危機が訪れます。

当時、パク・ボムがとある件で世間を騒がせたのですが、この件が影響しグループはコンサートを除いた全ての活動を休止することに。

ただ、年末の歌謡祭である『SBS歌謡大戦』にはパフォーマンスを披露できたのですが、当時は3人でステージに立っていました。

2016年: ミンジ突然の脱退&解散へ

パク・ボムが自粛に入った後、メンバーはそれぞれソロでの活動が活発化することに。CLはアメリカ進出の準備、サンダラ・パクは演技およびタレント活動、ミンジは個人でダンスアカデミーを設立します。

ただ、その分グループとしての活動が目立たなくなったことで解散説も囁かれたのですが、2016年4月にミンジの突然の脱退が発表されることに。

当時、YG側の公式立場によると、2NE1は今後3人組として活動していくという見解だったのですが、その約7ヶ月後である11月25日に正式に解散が発表されました。

元2NE1メンバーの現在の動向は?

このように、デビュー当時から全盛期を迎えながらも『7年のジンクス』は破れることはなく、解散を迎えた2NE1。

 

この投稿をInstagramで見る

 

CL(@chaelincl)がシェアした投稿

ただ、ミンジが脱退、そして解散後も4人で集まった姿がSNSにアップロードされるなど、仲はいまだにいい様子。

YGエンターテイメントと契約が満了となったサンダラ・パク

2021年に入り、5月14日にサンダラ・パクの契約満了を明かしたYG側。サンダラ・パクが17年間ともにしたYGを離れたことにより、元2NE1メンバー全員がYG所属ではなくなることに。

なお、その後サンダラ・パクはソンミやGOT7のベンベンが所属しているABYSS COMPANYに移籍したことが9月1日に明らかになっています。そんなサンダラ・パクは現在も演技、そしてタレント活動を活発に行っています。

歌手活動を再開したパク・ボム

そして、グループ時代に自粛が続いていたパク・ボムですが、2019年の『Queendom』出演以降も空白期が続いていました。

その後、2020年に映画祭に出席し、久々に公の場に姿を見せたのですが、その際の体型の変化に驚いてしまった方も少なくなかった様子。

【ダイエット当時のメニューが公開される】パク・ボム、顔が腫れている?ネット上で大きな話題も「長い休息で太ってしまって…」2020年6月3日に行われた『Grand Bell Awards』(대종상영화제)のオープニングステージに参加したパク・ボムに体型の変化が見られ、ネット上で大きな話題になったようです。...

2021年にダイエットに成功、その際に以前から患っていたADD(注意欠如多動症)で苦しんでいたことを明かしていましたが、現在は歌手活動を再開しています。

【放送終了】Mnet『Queendom』(퀸덤)各パフォーマンス結果まとめ2019年8月末からガールズグループのサバイバル『Queendom』が放送、非常に好評を呼んだ番組ですが、今回は各パフォーマンスの結果をまとめていきます。...

ソロとして地道に活動しているCL

2NE1ではリーダーとして活動していたCL。グループ解散後はソロとして地道に活動していますが、事務所には所属しておらず『Very Cherry』というチームでフリーとして活動しています。

そして7月に入り、カン・ダニエルの事務所であるKONNECTエンターテイメントとパートナーシップを締結したことが明らかになったCL。これにより、今後幅広い活動を繰り広げることとなります。

グループ脱退後にソロ転向も所属事務所と契約をめぐる葛藤があったミンジ

グループ脱退後、Music Worksと専属契約を結んだミンジ。その後、ソロに転向するも2018年に契約をめぐり裁判を起こすことに。

長期にわたり事務所と争っていたミンジですが、現在は解決しており、2020年4月17日にMusic Worksを退社、その後実父とともに設立した事務所に身を置いています。

コーチェラで再結成し話題に

このように、現在はそれぞれの道を歩んでいる2NE1メンバーですが、いまだグループ時代に思いを馳せるファンも少なくありません。

そんな中、2022年に入り、4月16日(現地時間)のアメリカでの音楽フェス『Coachella Valley Music and Arts Festival』(コーチェラ・バレー・ミュージック&アーツ・フェスティバル)に電撃再結成を果たした2NE1。

そんな久々の4人でのパフォーマンスに会場はもちろんのこと、韓国のファンも実に盛り上がったのですが、SNSでも彼女たちのパフォーマンスがトレンド入り。『今後も再結成してほしい』という声が高まっています。

まとめ

以上、元2NE1メンバーの現在の動向について紹介していきましたが、華々しいデビューの一方で、解散は後味の悪い形となってしまっただけに、解散が惜しまれるグループとしてたびたび取り上げられる彼女たち。

 

この投稿をInstagramで見る

 

CL(@chaelincl)がシェアした投稿

コーチェラでのパフォーマンスもいまだ変わらないクオリティを見せてくれた彼女たちのプロらしい姿はさすがといったところですが、それだけに伝説のグループとして今後も名前が挙がることでしょう。

【ジヨン結婚発表】T-ARAの現在の動向は?脱退メンバーの現在についても紹介2009年にデビューしたT-ARA。2017年に当時の所属事務所であったMBKエンターテイメントからメンバー全員が退社して以降、完全体での活動が多くみられなくなりましたが、2020~2021年に入りメディア出演を増やしつつあります。今回はそんなT-ARAの現在の動向と脱退メンバーの現在について紹介していきます。...
Apinkメンバーの現在の動向は?脱退メンバーの現在、今後についても紹介2011年にデビューしたApink。2022年に入りナウンが脱退したことから5人組と再編成となりましたが、今回はそんなApinkメンバーの現在の動向について紹介していきます。...