東京BABYLONの登場人物の衣装がRed Velvetイェリとそっくり?放送前からパクリ疑惑⇒放送中止そして現在までのまとめ|人間翻訳機の雑食サイト
K-POP

【下請け側が訴えネット上ザワつく?】東京BABYLONの登場人物の衣装がRed Velvetイェリとそっくり?放送前からパクリ疑惑⇒放送中止そして現在までのまとめ

人気漫画『東京BABYLON』のアニメ版が2021年から放送されることが決まりましたが、放送前から登場人物の衣装のパクリ疑惑が持ち上がったことで放送中止、さらにその後もゴタゴタが続いているようです。

『東京BABYLON』の衣装にパクリ疑惑?

日本の女性漫画家集団であるCLAMP原作の『東京BABYLON』。11月19日、公式ホームページを通じ、アニメ版の登場人物のビジュアル写真を公開。そのうち、皇北都の衣装がRed Velvetのイェリがアルバム『‘The ReVe Festival’ Day 1』で着用した衣装とそっくりだという指摘が多くあります。

insight

insight

また、上記の衣装だけではなく、他の登場人物の衣装もまた別のところからパクったのではないか、という指摘が多くなされていることや、1990年代に放送された『東京BABYLON』を今になりアニメ版として放送するにはいいものの、「なぜ当時の衣装を再現しなかったのだろうか…」など、アニメファンが多くザワついています。

insight

【2020/12/04追記】公式側がデザインの差し替えを発表⇒【2020/12/24追記】放送の延期が発表される

この件が公になるにつれ、『東京BABYLON』側が事実を認め謝罪。キャラクターのイラスト公開から現在までの経緯を明かすとともに事前のチェックを行っていなかったとしていますが、これにともない、衣装のデザインの差し替えを発表しています。

insight

さらに『東京BABYLON』側は12月24日、今回のパクリ問題により、当初2021年4月に放送を予定していたものの、正式に延期となったことを発表しました。

【2021/03/29追記】正式に制作中止が発表される

その後、『東京BABYLON』側が上記以外にも多くのパクリがあったことが判明したことを明かし、正式に制作中止を発表。公式ホームページおよびSNSは4月30日に閉鎖、また原作の新装版の発売をするとのことです。

gamefocus

【2021/08/05追記】放送中止決定後もゴタゴタが起こっている件

なお、アニメ放送中止が決まった後もゴタゴタが続いているようで、『東京BABYLON』の下請け会社側がキングレコードに制作費を未払いされたという理由で8月3日に提訴をしたとのこと。

下請けを担当した制作会社『GoHands』(ゴーハンズ)側いわく、2021年8月まで支払われる予定であった制作費が、キングレコード側の一方的な契約破棄により約4億5千万円が支払われていないとし訴えたとのこと。

しかし、今回の件は要するにパクリをした側が訴えたということになるため『むしろ本当に訴えたいのはキングレコードの方だと思う』といった同情の声が多く集まっている一方、正式な契約書を交わさず制作を行おうとしていたことが明らかになったことで『キングレコード側も悪い』といった意見も少なくなく、ネット上がザワつく事態となっています。

【2021/08/06追記】CLAMP側がファンにお知らせを出すことに

このような報道もあり、ファンの心情を察したのか、CLAMP側が『東京BABYLON』に関するお知らせをすることに。これにより、ファンからは応援の声が続々寄せられているようです。

https://www.ningenhonyakuki.com/red-velvet-wendy-falls-off-stage/

【『ELLE KOREA』インスタで写真が除外されるも…?】Red Velvetアイリーン、スタイリストからパワハラを暴露された?一連の騒動まとめ2020年10月21日、元雑誌編集者であるスタイリスト・A氏が自身のinstagramにて「とある芸能人からパワハラを受けた」と暴露し、大きな騒動となっています。...