『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』古瀬直輝の途中降板にファンからエールの声相次ぐ「これからも夢を諦めないでほしい」|人間翻訳機の雑食サイト
『プロデュース』シリーズ

『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』古瀬直輝の途中降板にファンからエールの声相次ぐ「これからも夢を諦めないでほしい」

『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』第1回順位発表式が5月6日に行われましたが、放送の終盤にて練習生の古瀬直輝の降板が発表されました。

予告編で姿を見せず心配の声が相次いでいた古瀬直輝

第1回順位発表式の予告編が公開された際に姿が見えなかった古瀬直輝。さらにYouTube広告の撮影にも不在だったことからファンから心配の声が相次いでいましたが、どうやら新型コロナウイルス陽性判定と診断されたためとのこと。

無症状での感染だったという古瀬直輝ですが、合宿外でのコロナ感染だったこと、また合宿参加時の定期的なPCR検査にて発覚したことから、練習生・スタッフの中に濃厚接触者はいなかったとのことですが、隔離期間を経ても陽性反応のままだったことで降板を余儀なくされることに。

ファンから応援相次ぐ

初回順位が49位だったものの、グループバトルでの実力、そして努力を惜しまなかったことで、順調にランクアップしていた古瀬直輝。それだけに、今回の降板には本人も悔しい気持ちでいっぱいのようです。

また、それはファンも同じ気持ちですが、それだけに「これからも夢を諦めないでほしい」と多くのエールが寄せられています。これにともない、第1回順位発表式にて41位であった髙橋航大が繰り上げ、次回のポジションバトルに合流することとなります。

関連記事

[blogcard url=”https://www.ningenhonyakuki.com/produce/produce101japan/produce-101-japan2-the-first-order”]

[blogcard url=”https://www.ningenhonyakuki.com/produce/produce-101-japan2-profile-chubu-kinki”]