会社員⇒INIのメンバーとなった藤牧京介、見事デビューでグループのメインボーカルとなるか?|人間翻訳機の雑食サイト
『プロデュース』シリーズ

会社員⇒INIのメンバーとなった藤牧京介、見事デビューでグループのメインボーカルとなるか?

『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』にて見事ベスト4でファイナル進出を果たした藤牧京介。見事INIのメンバーとなり、ファンから大きな注目が集まっています。

元会社員の藤牧京介にファンも驚き?

6月3日放送回にて、勤めていた会社を辞めオーディションに参加していることが明かされた藤牧京介。彼は現在21歳で、ルックスも若々しい印象がありますが、本人の口から経歴が明かされた後はファンの間で「大学生かと思った」「大学生とアルバイトを両立させているのかと…」などと驚きの声が相次ぐことに。

会社員からオーディション参加の練習生として、以前にサラリーマン経験のあるテコエ勇聖、さらに前回の『PRODUCE 101 JAPAN』にて四輪バギーの開発をしていた川西拓実(現JO1)や船のエンジニアをしていた安藤誠明(現ORβIT・TOMO)などの例もあるように、『社会人経験がある=礼儀が備わっている』というイメージがつくことから藤牧京介のポイントもさらに高くなった様子。

ファイナル進出でグループのメインボーカルとなるか?

そんな藤牧京介は初回順位がデビュー圏外だったものの、2週目からはデビュー圏内をキープ、最近ではベスト4の常連となっていますが、第2回順位発表式でも3位となり見事ファイナル進出となりました。

藤牧京介の魅力はなんといってもその感性的な歌唱力。番組参加を通じ、ただ上手いだけの歌唱力だけではなく、表現力も身につけ、ポジション評価曲である清水翔太『花束のかわりにメロディーを』にてグループ全体で伝説のステージを作り上げたわけですが、デビュー評価でも見事メインボーカルを務めることが決まり、最終回も目が離せない藤牧京介です。

【6/15追記】INIのメンバーに選ばれた藤牧京介

その後、6月13日放送の『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』にて最終順位4位で見事INIのメンバーとなった藤牧京介。グループでは百発百中でメインボーカルになるのことが予想されますが、2位で選ばれた髙塚大夢とツートップでボーカルを引っぱっていくのではないか、と思われます。

画像

Twitter

関連記事

【完全版】『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』ポジション評価個人順位&メンバー編成総まとめ練習生たちが順調にレッスンを行っている『PRODUCE 101 JAPAN』。次に待ち受けていたのがポジション評価ですが、今回はポジション評価における個人順位およびメンバー編成についてまとめています。...