Nine Musesメンバーの結婚事情と現在の動向まとめ、『文明特急』にて久々に『Dolls』を披露した件|人間翻訳機の雑食サイト
K-POP

Nine Musesメンバーの結婚事情と現在の動向まとめ、『文明特急』にて久々に『Dolls』を披露した件

6月11日の『文明特急』(MMTG: 문명특급)にてNine Musesのメンバーが久々に楽曲『Dolls』を披露し話題となっていますが、今回はメンバーの現在の動向、そして結婚事情についてまとめていきます。

Nine Musesメンバーの変遷史とは?

2010年にデビュー後、加入と脱退を繰り返していたNine Musesメンバーたち。デビュー当時の平均身長は172cmというモデル出身のメンバーが集まったことで話題となりました。そんなNine Musesは2019年に活動に終止符を打つこととなるのですが、まずはメンバーの変遷史を以下にて紹介いたします。

2010年当初から加入と脱退があったNine Musesメンバー

2010年8月のデビュー当時はジェギョン、ラナ、ビニ、イセム、ウンジ、セラ、イユエリン、ミンハ、ヘミの9人組で構成されていましたが、そのわずか2ヶ月後の10月にジェギョンが脱退、ヒョナが加入しています。

2011年: ラナ、ビニ脱退⇒ギョンリ加入

その1年後である2011年にラナ、ビニが脱退、7人組で再始動することに。ちなみにこの際にイユエリンも脱退するという報道も出たのですが、彼女は結果的にグループに残留しています。またその後、11月28日にギョンリの加入が発表されることに。

2013~2014年: ソンア加入⇒イセム、ウンジ、セラ脱退

また、2013年1月にソンアが加入しており、再び9人組となりましたが、2014年1月29日にイセムとウンジが脱退を宣言。またその5ヶ月後である6月24日にセラの契約満了が発表され脱退しています。

2015年~2016年: ソジン、クムジョ加入⇒イユエリン、ミンハ、ヒョナ脱退

そして、2015年1月にはソジンとクムジョが加入、2016年6月8日にはイユエリン、ミンハが契約満了のため脱退することを直筆の手紙で伝えることに。これにより初期メンバーはヘミのみとなりましたが、その後10月にヒョナが脱退を発表しました。

2017年~: ソンア活動休止⇒4人組で活動することに

2017年6月1日、Nine Musesのカムバックティーザーが公開されると同時にソンアの活動休止が発表されることに。

その後2019年の解散を迎えるまでヘミ、ギョンリ、ソジン、クムジョの4人組で活動を繰り広げることとなったのですが、結局ソンアは活動に復帰することなく、事実上の脱退をしたとされています。このように、メンバーの加入と脱退が頻繁にあったことで、リーダーもラナ⇒セラ⇒ヘミと交代しています。

Nine Musesメンバーの結婚事情と現在の動向は?

また、Nine Musesは現在結婚をしているメンバーもいます。下記にてメンバーの結婚事情と結婚相手、そして現在の動向を分かりやすく表にまとめてみました。

メンバー結婚時期結婚相手現在の動向
ジェギョンモデル
ラナDJ
ビニ2014年イ・ギュロ(サッカー選手)モデル
イセムinstagramを通じ個人活動
ウンジ2018年一般男性家庭生活
セラ歌手
イユエリン歌手兼モデル
ミンハ女優
ヒョナ2017年実業家歌手
ヘミ歌手
ギョンリ歌手兼女優
ソンア2018年DJ DaQDJ
ソジン女優
クムジョ歌手兼ミュージカル女優

また、メンバーのうちセラが2020年に出演した『Miss Back』にて生活苦に陥り、さらにはうつ病&パニック障害で薬を服用中に夢遊病の症状が現れ、辛い生活を送るも懸命に日々を生きる姿が視聴者から反響を呼びました。

『Miss Back』(미쓰백)10月8日初放送決定。韓国女性アイドルが過酷な現実に直面も第2の飛躍を目指すことにガールズグループ出身の8人の韓国女性アイドルが『第2の全盛期』を目指す『Miss Back』(미쓰백: ミスバック)が10月8日に初放送が決まりましたが、予告編にて出演者たちが過去に経験した過酷な現実を赤裸々に吐露し話題になっています。...

『文明特急』にて久々に『Dolls』を披露したNine Musesメンバー

そんなNine Musesのメンバーは2021年に入り、『文明特急』を通じ再集結。ヒョナ、イユエリン、ミンハ、ヘミ、ギョンリ、クムジョ、ソジンの7人で出演したのですが、久々に『Dolls』を披露し話題となりました。

イセムが『文明特急』に呼ばれず不満?

また、その一方で『文明特急』に出演しなかったイセムが放送当日にinstagramにて不満を吐露。どうやら番組側に呼ばれなかったようですが、『Dolls』活動当時はイセムもいたことから「私にも出演の話が来るべきだけど…」と投稿することに。さらに「人というのはそう変わらない」とも表現しており、特定のメンバーの誰かのことを言っているのではないか、と多くのファンから推測がなされていました。

원본 이미지

naver

また、ファンのほとんどが「ヒョナのことを言ってるのではないか?」としていましたが、Nine Musesのメンバーの久々の再集結でファンも喜んでいた矢先にこのような投稿をしたことでファンがドン冷め、大ひんしゅくを買ったのも事実です。その後、6月14日のinstagramにて「感情的になって申し訳ない」と謝罪することとなりました。

関連記事

【「別れたのに笑顔の写真とか礼儀ない」といったコメントが寄せられるも…?】2AMジヌン&元Nine Musesギョンリ、交際4年で破局の一方でのファンのガチな心境「ようやくチャンスが…」2AMジヌン&元Nine Musesギョンリが2021年に入り、交際4年でその関係にピリオドを打ったことを認めました。...