MENU
LMエンターテイメント、ユン・ジソンの名前を商標登録出願。理由はカン・ダニエルの例の件?|人間翻訳機の雑食サイト
K-POP

LMエンターテイメント、ユン・ジソンの名前を商標登録出願。理由はカン・ダニエルの例の件?

2018年までWANNA ONEのメンバーとして活躍していたカン・ダニエル&ユン・ジソンの所属事務所であるLMエンターテイメントがユン・ジソンの名前を商標登録出願したことが明らかになりました。その理由はカン・ダニエルと所属事務所の対立が背景にあるのでは?といわれています。

所属事務所がユン・ジソンの名前を商標登録出願?

LMエンターテイメントは、2月12日に特許庁に『ユン・ジソン』のハングル表記(윤지성)と英語表記(YOON JISUNG)の商標登録出願をしたそうです。ユン・ジソンとカン・ダニエルは以前の所属事務所であるMMOエンターテイメントの契約満了後、1月にLMエンターテイメントに移籍しています。

naver

商標登録出願の理由はカン・ダニエルとの対立の件?

今回、商標登録出願をしたのはユン・ジソンの名前だけで、カン・ダニエルは商標登録が出願されていません。というのも、カン・ダニエルは現在所属事務所と契約をめぐり紛争中。そのため、カン・ダニエルの件でユン・ジソンの名前を商標登録したととらえるメディアが多いようです。

naver

カン・ダニエル、宿舎退所&WANNA ONEメンバーと音信不通?ネット上「ダニエルは慎重な男だ」カン・ダニエル、宿舎退所&WANNA ONEメンバーと音信不通?ネット上「ダニエルは慎重な男だ」...

個人の名前を商標登録するのはおかしい?

もちろん、所属事務所がアーティストの名前を商標登録できる権利はありますが、それを実行する所属事務所は少ないようです。ユン・ジソンの名前が商標登録として正式に認められればユン・ジソンは万が一今後所属事務所を移籍する際に、本名なのにも関わらず使用できなくなる可能性があります。

naver

そのため、半ば活動を拘束するような動きを示したLMエンターテイメントには「ちょっとおかしいんじゃないの?」と疑問視するファンも多いようです。

カン・ダニエルの本名が商標登録出願された?

また、その一方で、今度はカン・ダニエルの本名が商標登録として出願されていたことが明らかに。韓国の特許情報検索サービスによれば、カン・ダニエルの英語表記である『KANG DANIEL』が3月15日に光州(クァンジュ)在住の住民によって特許出願され、審査待ちだということですが、出願した本人はカン・ダニエルと所属事務所であるLMエンターテイメントと全く関わりがないそうです。

naver

本人&所属事務所「全く知りませんでした」

今回のカン・ダニエルの件は上記のユン・ジソンの名前の商標登録出願とは全く無関係のようで、カン・ダニエル本人はおろかLMエンターテイメントも今回の件については知らなかったと明かしています。

naver

結局特許出願は取り下げられたらしい

そんな状況の中、4月8日に特許出願の取り下げがなされたようで、結局は商標登録出願までには至らなかったようです。出願した当事者が何のために商標登録を出願したのかは明らかになっていませんが、ちょっとしたハプニングで事態は収束したようです。

▲naver