MENU
キム・ジェファンが個人練習生からWANNA ONEのメンバーになるまでの経緯|人間翻訳機の雑食サイト
K-POP

キム・ジェファンが個人練習生からWANNA ONEのメンバーになるまでの経緯

WANNA ONEのメンバーの中で、歌手を目指す若者たちの希望になったのが誰よりも個人練習生からWANNA ONEに選ばれたキム・ジェファンではないでしょうか。今回はそんなキム・ジェファンをメインに紹介していきます。

個人練習生として唯一選ばれたキム・ジェファン

キム・ジェファンは『プロデュース101』出演時、事務所に所属していない個人練習生として出演。レベル評価の時からそのボーカルの実力が秀でており、他の練習生も「なんで所属事務所が無いんだろう?」と驚くほどでした。その後の評価曲でも得意のボーカルの実力を大いに発揮、純粋な少年のようなルックスにそのパワフルな歌唱力は誰もが認めざるをえません。

WANNA ONEとしてのキム・ジェファン

『プロデュース101』でのキム・ジェファンの順位は、放送を重ねるごとに上位圏に上がっていきましたが、10回目の放送の際、順位が13位となんだか危ない様子であったためか、最終回でなかなか順位が呼ばれず、本人もファンも諦めモードだったところ、4位に名前が呼ばれたキム・ジェファン。その際、本人も実感が湧かなかったようで、開いた口が塞がらなかった模様。

WANNA ONEとしてのポジションももちろんメインボーカルで、楽曲にはキム・ジェファンが無くてはならない存在です。後に仮面をかぶって歌い、それが誰なのかを当てる『覆面歌王』にも出演し、歌唱力を存分に披露。キム・ジェファンが仮面を脱いだ際は、出演者全員が「えっ、アイドルだったの?」と驚愕していました。

キム・ジェファンの魅力は?

そんな歌唱力は文句なしのキム・ジェファン。もちろんただ歌が上手いだけではWANNA ONEのメンバーとして選ばれなかったと思われます。そんなキム・ジェファンのは他にどのような魅力があるのでしょうか?

Twitter

とにかく頑張り屋のキム・ジェファン

キム・ジェファンはどの練習生よりもボーカル力はありますが、実はダンスが苦手。元はバンドのボーカルになりたかっただけに、ダンスにはそう精通していなかった模様です。

Twitter

そのため『プロデュース101』ではいくら頑張ってもダンスがついていけず、悔しくて泣いてしまった一面も。ちなみにその泣いていた姿が可愛いと、ファンから『물만두』(ムルマンドゥ=水餃子)というあだ名を付けられることに。そんな努力の甲斐もあり、ダンスの実力がどんどん上がっていきます。それとともに、アイドルとしてのスター性も持ち合わせていきます。

実はラップも上手いキム・ジェファン

キム・ジェファンはメインボーカル担当ですが、実はラップの実力も高く、『プロデュース101』にてラップを披露した際、他の練習生からも驚きの声が上がりました。キム・ジェファンは歌に関してはできないものは無いようです。

笑い声が面白すぎると話題に

『プロデュース101』放送途中までは真面目な好青年のイメージだったキム・ジェファン。番組内での運動会で10回回って走った際になぜか爆笑しながら走っていき、その際の甲高い笑い声が話題になりました。WANNA ONEで同じメインボーカルのハ・ソンウンも負けず劣らずの笑い声ですが、高音が得意なアイドルは笑い声も高音なのか?と思ってしまうほどです。

そんなバラエティーセンス溢れるキム・ジェファンは意外な一面を見せてくれましたが、以前に撮った『プロデュース101』のオーディション映像が、同じくダンスが苦手なファン・ミニョン、現在はソロ歌手として活動中のチョン・セウンとともに公開処刑された際、自身のダンスを見てその特徴的な笑い声で爆笑していたこともファンの笑いを誘いました。

そんな歌も上手くてユーモア溢れるキム・ジェファンは、現在はCJ E&Mと専属契約を結び、晴れて事務所に所属することとなりました。そんなアイドルを目指す若者の憧れであるキム・ジェファンは、WANNA ONE活動終了後もソロ歌手として十分成功できるでしょう。

Twitter

誕生日にファンミーティングを行うキム・ジェファン

WANNA ONE活動終了後はソロとして活躍することを予告しているキム・ジェファン。ファンクラブ名も『WIN:D』に決まり、本格的なソロ活動の準備をしている彼ですが、自身の誕生日の前日である5月26日に、14時と19時の2部で単独ファンミーティングを開催することが決定しました。

Twitter

また、ファンミーティングは韓国をはじめ、日本、タイ、シンガポール、台湾、香港、マレーシアで行われるということで、現地ファンも見逃せませんね。チケット争奪戦になること間違いありません!

Twitter

キム・ジェファンは、まだ正式なカムバックは決まっていませんが、ファンミーティングの他にも、公式Youtubeチャンネルにて情報発信をしたりと、何かと忙しく動き回っている模様です。WANNA ONEのメインボーカルとして活躍していたキム・ジェファンなだけに、アルバム発売の際は多くのファンの耳を癒してくれるに違いありません。

アルバム『Another』全曲解説

その後、5月20日にソロデビューを果たしたキム・ジェファン。アルバム『Another』でカムバックを果たしましたが、ここではアルバム全曲を解説していきます。

Twitter

1. Love you still(그렇게 널)

1曲目の『Love you still』(그렇게 널)は、キム・ジェファンの初の自作曲で、大切な恋人への気持ちと感謝を歌っています。叙情的ながらも美しい歌詞がポイントです。

Twitter

2. My Star

リズミカルなピアノとギターサウンドがうまくマッチした『My Star』は、甘いメロディーながらも強く訴えかけるキム・ジェファンの魅力的な歌声が印象的です。ファンを見る自身、自身が見るファンに向かった本当の気持ちを星に見立て、感性的に歌い上げています。

Twitter

3. Begin Again(안녕하세요)

タイトル曲『Begin Again』(안녕하세요)は、洗練されたコードと中毒性あふれるメロディーが印象的なバラード曲です。楽曲を聴くたびに、一編の映画のストーリーが浮かび上がるような、ドラマティックな展開が繰り広げられています。楽曲の後半にいくにつれ、キム・ジェファンのパワフルながらも感性的なボーカルがファンタジー的要素をなしていることが分かります。

4. Blow Me

冷たい心の中に暖かな風が吹き、体を溶かしてくれるように、いつもお互いにとってパワーと休息の場になることを願う歌詞が込められている『Blow Me』は、キム・ジェファンの囁くようなボーカルが印象的で、聴く者に癒しを与えてくれます。

Twitter

5. Designer(디자이너)

5曲目の『Designer』(디자이너)は、グループだった頃のイメージから抜け出し、ソロアーティストとしての初の抱負をそのまま込めた楽曲です。悩みと愛、情熱と意志を『デザイナー』という職業に見立て、センス良く表現されています。今までキム・ジェファンが見せることのなかったボーカルの才能とテクニックが駆使されています。

Twitter

6. Melodrama(랄라)

タイトル通り『メロドラマ』を連想するような、予想できなかった偶然出会った恋を歌っている、アルバム最後の楽曲。誰もが経験する幼い頃の恋の話を、まるでミュージカルのような展開がされており、多くの感情のボーカル演出がこの楽曲のポイントです。

Twitter

2度の高熱で治療に専念することになったキム・ジェファン

キム・ジェファンは5月28日に高熱を訴え病院に行くことに。その後治療を受け、体の状態が良くなったのかと思いきや、6月に入り再び高熱を訴えてしまいます。これを受け、所属事務所は当分の間キム・ジェファンを治療に専念させることを発表しました。

원본 이미지

naver

前日のサイン会では元気な姿を見せていたキム・ジェファン

また、キム・ジェファンは最初に高熱を訴えた際、その直後に活動を再開していたのですが、2回目の高熱で病院に行く前日まで音楽番組の収録やサイン会に参加していました。特にサイン会では体調が悪い姿を全く見せず、元気な姿だったというので、その後再び体調を崩したことを知ったファンからは驚きの声を隠せないようです。

원본 이미지

naver

キム・ジェファンは体調が悪くても無理して活動をしていたのか、それとも前日まで本当に元気だったのかは分かりませんが、現在はきちんと治療に専念し、ファンに明るい笑顔を見せてほしいですね。

関連記事

強い風で傘が豪快にぶっ壊れた?何かとミラクルが起こるキム・ジェファンワールド2018年12月までWANNA ONEのメンバーとして活躍したキム・ジェファンが8月11日のinstagramで傘が破壊されたシュールな写真を投稿、その後も何かとツッコミどころ満載の出来事が起こったことでファンから笑いを誘っています。...