カン・ダニエル、宿舎退所&WANNA ONEメンバーと音信不通?ネット上「ダニエルは慎重な男だ」|人間翻訳機の雑食サイト
K-POP

カン・ダニエル、宿舎退所&WANNA ONEメンバーと音信不通?ネット上「ダニエルは慎重な男だ」

現在、所属事務所のLMエンターテイメントと紛争中のカン・ダニエルですが、宿舎から姿を消し、WANNA ONEメンバーとも連絡を取っていないということが明らかになりました。

所属事務所と紛争中であることを明かしたカン・ダニエル

今回の騒動は、3月3日に複数のメディアが『カン・ダニエルが所属事務所のLMエンターテイメントから他の事務所に移籍を考えている』と報道したことから始まります。これに対し、カン・ダニエルは翌日の4日に『事実です』と発表。本人いわく「所属事務所に僕の名義でSNSアカウントの譲渡を要請したところ断られたことで、紛争中という記事が多く報道されました」とし、所属事務所に内容証明を送ったことを明かしています。

画像

Twitter

これにともない、カン・ダニエルは4日に新たなinstagramアカウントを開設。カン・ダニエルはWANNA ONEのメンバーであったユン・ジソンと、以前の所属事務所であるMMOエンターテイメントとの契約が1月31日に満了したことにともない、現在のLMエンターテイメントに移籍しています。移籍後、約1ヶ月で起こった今回の騒動。カン・ダニエルは自身のファンカフェで「僕のことを信じて、もう少し待っててください」と綴っています。

裁判が4月5日から24日に延期になったカン・ダニエル

カン・ダニエルが所属事務所を相手取り、専属契約の無効を訴えるための裁判は当初4月5日に行われていたはずでしたが、所属事務所の移送申請により、4月24日に急遽変更。当初、所属事務所の住所が麻浦(マポ)区にあることから裁判所が変更される可能性もありましたが、裁判所側がこれを受け入れませんでした。

naver

ちなみに、裁判所が所属事務所の申請を受け入れた場合、裁判が大幅に遅れるため、カン・ダニエルの活動が制限される期間がより長くなっていた模様です。

裁判における重要なポイントは?

4月24日に行われる裁判での争点のポイントは、カン・ダニエルが所属事務所を訴えるきっかけとなった、所属事務所と第3者が締結した共同事業契約です。この契約が権利の無断譲渡なのか、それとも投資契約なのかということについて争われることになります。分かりやすく言えば、所属事務所がカン・ダニエルに無断ですべての権利を第三者に譲渡したかどうか?という点です。

naver

カン・ダニエルは活動を再開できる?

裁判において、カン・ダニエル側の仮処分申請が受け入れられた場合、所属事務所とカン・ダニエルの専属契約は、訴訟の勝敗が決まるまで、当分の間効力を失うことになります。その間、カン・ダニエルは所属事務所とは関係なく、独自に芸能活動をすることができます。裁判の進展に注目したいところですね。

naver

所属事務所との紛争中にアメリカを訪れていたカン・ダニエル

カン・ダニエルは所属事務所に専属契約効力停止の仮処分申請を提出した後、アメリカに飛び立ったことが明らかになりました。ロサンゼルスの有名作曲家に本人のソロ曲のレコーディングを依頼するためだとされています。当時、裁判所の尋問は4月5日に予定されていましたが、カン・ダニエルはちょうどその頃にアメリカにいたとされています。

naver

どうやらアメリカには、所属事務所と紛争中にある中で介入しているとされる香港の『ソル姉さん』と呼ばれる人物とともにアメリカでのスケジュールを終えたとされています。帰国の際には『ソル姉さん』が一週間早く仁川空港経由で香港に帰国、その後カン・ダニエルは4月中旬に明け方の飛行機で空港に到着したことが分かっています。

『ソル姉さん』とは一体何者?

これに関して、ファンにとって「カン・ダニエルとソル姉さんの関係が気になる」と率直な疑問があるようです。『ソル姉さん』はカン・ダニエルが初めて所属事務所に内容証明を送った当時、代理人として現れた人物で、2018年のWANNA ONEの香港公演当時からすでにカン・ダニエルの繋がりがあったとされ、それ以降も投資家の『ウォン会長』とされる人物を介入させたとし、所属事務所との葛藤を作った人物と言われています。

naver

カン・ダニエル側「ソル姉さんのことは重要ではない」

また『ソル姉さん』との関与について、カン・ダニエルは「そこは重要な部分ではない」と主張。あくまでも今回の争点は「LM側が(前所属事務所の)MMOエンターテイメントに共同産業権を締結し、権利を無断で譲渡したこと」と強調。契約違反があったことを訴えています。

naver

LM側「カン・ダニエルは重要な部分を見落としている」

このようなカン・ダニエル側の主張に対し、所属事務所側は「カン・ダニエルの同意なしには、いかなる権利も行使できない契約だ」と主張。

naver

さらに「マネジメントにおいて最も重要な企画の部分はLM側にある。MMOは共同事業者として収入の管理をしているだけで、独占権はない」と強調し「カン・ダニエルはこの部分を分かっていないまま主張をしている」と反発の姿勢を見せています。

BIGBANG V.Iの件となぜ関連づけられた?

BIGBANG V.Iといえば、自身の運営するクラブでの不祥事により警察に出頭するというかなり大きな騒ぎを起こしたばかりですが、とあるメディアが「カン・ダニエルの所属事務所との葛藤の背景にはBIGBANG V.Iがいる」と、2人を関連付けた内容を報道し、それが一気に拡散します。メディアが報道した「カン・ダニエルは昨年のWANNA ONE活動途中、V.Iの紹介で香港の40代の女性と出会い、この女性がカン・ダニエルの誘致のため投資者を募っている」と内容から2人は関連付けられた模様です。

naver

ただ、これはあくまでもメディアの推測にすぎず、V.Iの不祥事とカン・ダニエルの所属事務所との紛争自体には関連があるともいえないため、本人に直接確認したわけでもない、半ば言いがかりな記事が拡散されたことに対し、ファンからは「なんでここでV.Iの名前が出る?」「ダニエルのイメージが悪くなるからやめてほしい」と、不快の声が相次いでいます。

[blogcard url=”https://www.ningenhonyakuki.com/k-pop/bigbang-vi-announcement”]

宿舎退所&音信不通になったカン・ダニエル

カン・ダニエルは、所属事務所に内容証明を送る前から、事務所から提供された宿舎から荷物ごと姿を消し、別の場所に引っ越したことが明らかになったようです。

▲naver

さらにスマホの電話番号も変更し、WANNA ONEメンバーを含んだ親しい知人とも連絡を一切絶っている状況のようですが、カカオトークのWANNA ONEメンバーのグループトークにも会話に参加していない模様です。

ネット上の反応「ダニエルはなんて慎重な男なんだろう」

といっても、カン・ダニエルが周りと一切連絡を絶っている理由が、自身が所属事務所と紛争中にある中で、間違った情報が伝わらないように配慮したものだと思われます。この状況所属事務所との葛藤が解決されるまで続く模様。

naver

この事実が分かり、ネット上では「まぁ当たり前のことだよね」「カン・ダニエルはとことん慎重な男みたいだ」と、カン・ダニエルに共感している人が多いようです。

泥沼化している所属事務所との紛争

所属事務所は最近になり「カン・ダニエルは嘘を言っている」とカン・ダニエル側に対し、法的対応に乗り出すことを明かしています。所属事務所は「契約は正常に行われた」「それにも関わらずカン・ダニエルは一方的に契約変更を要求してきた」「契約金を受け取っていないなど事実無根」と、両者の間に食い違いが生じているようです。

naver

カン・ダニエルは4月を目標にソロデビューをする予定でしたが、今回の件でデビューは無期限延期になっている状況です。

独自の活動が可能になったカン・ダニエル

その後、3月19日にLMエンターテイメントを相手に提起した専属契約効力停止の仮処分申請に対する引用決定が下されました。これにより、カン・ダニエルは独自の活動が可能になったとされています。

naver

所属事務所が即異議申請もカン・ダニエルは勝てる?

このような裁判所の決定に対し、納得のいかない所属事務所は異議申請の意志を見せており、今週中には申請をするとされています。しかし、裁判所は一部の引用決定ではなく、全ての引用決定がなされたため、カン・ダニエル側が有利にあるようです。そのため、今後も続けて独自の活動ができる可能性が高いとされています。

naver

インスタライブにて久々にファンの前に姿を現したカン・ダニエル

所属事務所であるLMエンターテイメントとの紛争中にあったカン・ダニエル。その後、独自の活動が可能になりましたが、6月9日のインスタライブで久々にファンの前に姿を現し、元気な姿を見せています。カン・ダニエルは現在、ソロデビューのために独立、個人事務所『KONNECTエンターテイメント』を設立。現在はカムバックの準備のためにレコーディングの真っ最中とのこと。

원본 이미지

▲naver

本来4月にカムバック予定であったカン・ダニエルですが、所属事務所との裁判の関係で無期限延期になっていました。しかし、7月にソロデビューとのことなので、カン・ダニエルが本格的に公の場に姿を現すこともそう遠くはないようです。

원본 이미지

naver

【9/27追記】LMとの紛争が終わったことを報告しファンクラブ募集のカン・ダニエル

そしてカン・ダニエルは9月27日にLMとの裁判が完全に終わったことを所属事務所を通じ報告しました。これにより、カン・ダニエルはLMとの契約解除、今後は独自の活動が完全に可能になりました。

원본 이미지

naver

これにともない、カン・ダニエルは公式ファンクラブ『DANITY』を設立。9月30日から10月13日まで募集するということで、ファンであればもちろん加入は必須でしょう。

원본 이미지

naver

関連記事

[blogcard url=”https://www.ningenhonyakuki.com/k-pop/kang-daniel-help-me”]