K-POP

ユチョン、芸能界復帰の意向に側近が即否定「自粛中なので誤解なさらないように」

2019年7月に麻薬使用容疑で懲役10ヶ月、執行猶予2年、追徴金140万ウォンを宣告されたユチョン。執行猶予期間中にタイで有料ファンミーティングを行うことに対すし、韓国ではリアルな反応が多かった中、芸能界復帰の意向については側近が即否定しました。

⇒【2020/03/12追記】既存の記事から追記しています。目次をご覧になりお読みください。

ユチョンに懲役1年6ヶ月の判決が下される

4月26日に逮捕されたユチョンの判決をめぐる裁判が6月14日に開かれましたが、ユチョンに懲役1年6ヶ月、追徴金140万ウォンの求刑が下されました。検察はまた、執行猶予を宣告した場合、保護観察と治療を要求しました。

원본 이미지

naver

弁護人「ユチョンは全ての事実を認め反省しています」

ユチョンの弁護人いわく「本人は深く反省している」「恥ずかしい気持ちでいっぱいです」と、ユチョンの言葉を代弁。ユチョンは最終陳述にて「拘束以降、家族と知人が面会に来るたび涙を見せるのを見て大きな罪を犯したんだと感じた」とし「誰かを恨んだり憎む代わりに、申し訳ない気持ちです」と話しました。

원본 이미지

naver

【7/2追記】裁判所側が懲役10ヶ月を求刑する

さらに、7月2日に行われた裁判にて、裁判所側がユチョンに懲役10ヶ月、執行猶予2年、追徴金140万ウォンを言い渡したことが明らかになりました。さらに保護観察と麻薬治療も命令。裁判官いわく「麻薬の中毒性が深刻であるものの、過ちをじゅうぶんに反省しているため」と明かしています。

원본 이미지

naver

【2019/12/24追記】執行猶予期間中にタイで有料ファンミーティング開催に対する韓国のリアルな反応

そんなユチョンは1月25日にタイでファンミーティングを開催することが決定。ハイタッチ会も行われるとされ、最も高い座席は5000バーツ(日本円で約2万円)とのこと。また、ファンミーティングでの収益金の一部が寄付されるそうですが、執行猶予期間中でのファンミーティング開催に、韓国では賛否両論の声が相次いでいます。

원본 이미지

naver

韓国でのリアルな反応

・有料ファンミーティングだけど収益の一部を寄付するんだからいいんじゃない?

・ファンまだいるの?

・あの記者会見がいまだに忘れられない

・収益の全額ではなく一部…

・もう静かに暮らしてほしい

・引退したって言ってなかったっけ?芸能人でもないのに今更なんのファンミーティング?

・海外ファンが理解できない

・悪質コメントはこういう時に書くべき

・デビューの頃は純粋で可愛くて女性人気1位だったのに、いつからこうやって転落したんだろう

・芸能人も永久追放する法律があればいいのに

・自粛してもしきれなくてファンミーティング…

【2020/03/12追記】ユチョンが芸能界復帰の意向を示しているという噂も…?

ファンミーティングを終えたユチョンはその後、3月10日に公式SNSを開設。「多くの姿をお見せします」といったコメントが書かれていることで「ユチョンが芸能界に復帰するのでは?」といった噂が流れましたが、これに関しては側近が即否定。「復帰の計画はない」「いまだ自粛中なので誤解なさらないでください」としています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

pyc_official_(@pyc_official_)がシェアした投稿

さらに、ユチョンが3月8日に弟であるユファンのTwitchのストリーミングに出演したことでも「芸能界復帰のサイン」といった噂が流れていたことについて、「ユファンの誕生日だから出演しただけであって、特別な意図があってのことではありません」と語っています。

원본 이미지

naver

원본 이미지

naver

 

ABOUT ME
がっきー
K-POP、グルメに関心があります。
Secured By miniOrange