ユン・ジソン、5月14日に現役入隊。デジタルシングルのレコーディングも終える。|人間翻訳機の雑食サイト
K-POP

【2020年12月13日に除隊しました】ユン・ジソン、5月14日に現役入隊。デジタルシングルのレコーディングも終える。

WANNA ONEのリーダーとして活躍していたユン・ジソンが2019年5月14日に現役入隊しましたが、2020年に入り、12月13日に除隊しました。

⇒2019年の記事から追記しています。

5月14日に現役入隊が決まったユン・ジソン

ユン・ジソンが先月末に公式ファンカフェを通じ、5月14日に現役入隊を報告しました。本人の意向により、当日は非公開で入隊をするとされています。2月にソロでカムバックしたユン・ジソンは、入隊前もスペシャルアルバムの発売や、ファンミーティング開催など、忙しく過ごしていた様子。

Twitter

そんな中、ユン・ジソンはどうやら入隊後にデジタルシングルを発売するようで、最近そのレコーディングを終えたんだとか。入隊前までファンのことを考えて活動してくれたユン・ジソンにエールの声が相次いでいます。

⇒【追記】5月19日にデジタルシングル『冬、花』(동,화)を発売することを正式に明かしました。

 

そんなユン・ジソンは入隊当日、自身のSNSにて丸刈りにした写真を掲載。ユン・ジソンは当初、非公開で入所をする予定でしたが、多くのファンが集まったことで姿を現しました。

江原道の大規模山火事で1000万ウォンを寄付したユン・ジソン

4月4日に発生した江原道の大規模山火事により、約4000人以上が避難をすることになった今回の事態。亡くなられた方もいるということで、韓国芸能界では自粛モードになりつつありますが、そこでユン・ジソンは江原道住民の力になるべく自ら1000万ウォンを寄付するという行動を起こしました。

Twitter

というのも、ユン・ジソン自身も江原道出身。地元が大規模山火事に見舞われたこともあり、助けになりたいと思うのは当然のことですよね。多くの被害に見舞われた江原道の火災が一日も早くおさまることを願う気持ちで寄付をしたと明かしているユン・ジソンです。

Twitter

【2020/12/13追記】休暇中にそのまま除隊となったユン・ジソン

2020年に入り、12月13日に正式に除隊を果たしたユン・ジソン。最後の休暇に入っていましたが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、復帰することなくそのまま除隊となりました。

ABOUT ME
アバター
がっきー
K-POP、グルメに関心があります。