K-POP

イ・ハンギョルがIMのメンバーからX1のメンバーになるまでの経緯

『PRODUCE X 101』最終回にて初のデビュー圏内に入り、X1のメンバーとしてデビューすることになったイ・ハンギョル。今回はそんなイ・ハンギョルのデビューまでを紹介していきます。

『PRODUCE X 101』出演当時のイ・ハンギョル

2017年にIMのメンバーとしてデビューもうまくいかず、その後既にデビュー済みのアイドル出身者が出演するオーディション番組『THE UNIT』に出演、ファイナルまで進出もデビューが叶わなかったイ・ハンギョル。その後も諦めずに『PRODUCE X 101』に出演を果たします。

所属事務所のMBKエンターテイメントを存続させるため『PRODUCE X 101』の出演を決めたというイ・ハンギョル。番組放送当初はあまり活躍がみられることがありませんでしたが、デビュー済みの実力を生かし、メキメキと知名度を上げていきます。

X1のメンバーに選ばれたイ・ハンギョルの魅力は?

番組放送当初は順位が41位だったイ・ハンギョル。その後順位を上げてはいくのですが、デビュー圏内に入ることはなく、なんだか危ない順位だったのですが、最終順位で7位と初のデビュー圏内を狙うことができ、X1のメンバーに選ばれることになりました。そんなイ・ハンギョルの魅力はどこにあるのでしょうか?

男らしくも可愛らしいギャップ萌えが魅力?

イ・ハンギョルといえば、その整ったルックスで俳優の吉沢亮に似ていると日本でも話題になったことがありますが、普段もクールな性格で、番組でお化けドッキリが放送された際も全く驚くことがなく、そんな男らしい性格が魅力でしょう。しかし、それとは裏腹に可愛らしい愛嬌を見せることがあり、そんなギャップ萌えもファンを増やした理由だと思われます。

namu.wiki

ナム・ドヒョンとの掛け合いが面白い?

また、同じMBKエンターテイメントから出演したナム・ドヒョンとの掛け合いも話題になっています。ナム・ドヒョンが大好物のテジカルビが食べたいと話、イ・ハンギョルがおごるといった場面では「そんな金無いし」と話していたり、普段からも本当の兄弟みたいに接している2人の姿が印象的です。

원본 이미지

naver

このように、2度目のオーディション番組参加でようやくデビューをつかんだイ・ハンギョル。今後の未来が期待されています。

画像

Twitter