K-POP

キム・ヨハンがOUIエンターテイメントの練習生からX1のメンバーになるまでの経緯

8月27日のデビューに向けて拍車をかけているX1メンバーたち。今回は『PRODUCE X 101』にて見事センターを獲得したキム・ヨハンについて紹介していきます。

『PRODUCE X 101』出演当時のキム・ヨハン

キム・ヨハンは『PRODUCE X 101』初回放送からすでにトレーナーからも一目置かれた存在でした。練習生期間は3ヶ月と短いものの、特技のテコンドーで培った運動神経は確かなものがあります。ランク分けの際にローラースケートで登場したそのパフォーマンスが実に見ごたえがありました。

当初Aランクだったキム・ヨハンはランク再評価の際にCランクに下落してしまいましたが、そのスター性は確かなもので、ファンを着実に増やしていきました。

X1のメンバーに選ばれたキム・ヨハンの魅力は?

番組放送当初から高い順位を記録し、その後も5位以内をキープしていたキム・ヨハン。センターになるのは確実だといわれていましたが、そんなキム・ヨハンの魅力はどこにあるのでしょうか?

甘いルックスでテコンドーができるのが魅力的?

その整ったルックスで女性ファンの人気が高いキム・ヨハン。特技のテコンドーの実力は全国大会で2度も優勝したことがあるほど確かなもので、番組内で何度もテコンドーの技を披露していました。現在はアイドルの夢があるため、テコンドーはこれ以上やらないとのことですが、今後もテコンドーの技が見たいというファンも多いのではないでしょうか?

妹思いなキム・ヨハン

また、『PRODUCE X 101』出演当時のプロフィール欄にて、趣味に『妹たちと遊ぶ』と書いていたように、妹2人のことをとても大事にしている様子。

jemin

デビュー評価の際にセンター選びでセクシーダンスを披露した際には「妹がまだ幼いのにこんな姿見せてしまって後悔しています…」と妹のことについて言及していたこともあります。

キム・ヨハンはハン・スンウの後援会長?

そして、キム・ヨハンは全ての評価曲で同じチームになったハン・スンウをとても慕っており、番組内でハン・スンウの隣にいる姿がよく映されていました。

naver

さらに、評価曲のたびにハン・スンウが1位を獲得するたびに喜び、順位が低いと悲しむといった分かりやすいリアクションに「キム・ヨハンの反応=ファンの反応」と、ファンから話題になっていたりもしました。

원본 이미지

naver

このように、X1のセンターとして活動することになった魅力満載のキム・ヨハンは今後もファンを増やしていくに違いありません。

画像

Twitter