K-POP

カン・ミニがSTARSHIPエンターテイメントの練習生からX1のメンバーになるまでの経緯

『PRODUCE X 101』が放送終了し、今後の活動が大いに期待できるX1メンバーたち。今回は最終順位10位でX1のメンバーとして選ばれたカン・ミニについて紹介していきます。

『PRODUCE X 101』出演当時のカン・ミニ

練習生当時から他アーティストのMVに出演したりと、徐々に活動の幅を広げていたカン・ミニ。STARSHIPエンターテイメントの練習生として、ハム・ウォンジン、ソン・ヒョンジュン、ク・ジョンモ、ムン・ヒョンビンとともに出演しましたが、レベル評価の際はパフォーマンスに苦戦し、Xランクに選ばれてしまいます。

その後もカン・ミニは番組放送開始からしばらくはあまり目立った姿を見せることはなかったのですが、コンセプト評価曲『Pretty Girl』(이뻐이뻐)にてメインボーカルを任されてから徐々に自身の実力を発揮することになります。

X1のメンバーに選ばれたカン・ミニの魅力は?

第3次順位発表式までは一度もデビュー圏内に入ったことがなかったカン・ミニ。しかし、今までの活躍ぶりが認められ最終順位が10位と大逆転し、X1のメンバーになることができました。デビューできることにカン・ミニ自身が最も驚いていた姿が印象的ですが、そんなカン・ミニの魅力はどこにあるのでしょうか?

整ったスタイルが魅力的?

2002年生まれとまだまだ若いカン・ミニ。10代ながらも身長が182cmと長身で、整ったビジュアルはまるで漫画から出てきた少年のようだと話題になりました。特にホラー漫画家の伊藤潤二の漫画のキャラクターとよく比較されているようです。

파일:D6FQT4PVUAEwci0.jpg

namu.wiki

頑張る時は頑張るけど休む時は思いっきり休む?

そんなカン・ミニは『Pretty Girl』(이뻐이뻐)で大活躍。当時の『Pretty Girl』といえば一生懸命練習し、一生懸命休み、遊んでいる姿が印象的でしたが、チームのメンバーが楽しく遊んでいる後ろで爆睡している姿がネット上で話題になりました。漫画から出てくるようなルックスのカン・ミニも可愛い一面があるようです。

このように、実力もぐんぐんと伸びつつある『成長型アイドル』ともいえるカン・ミニ。X1として今後どのような活躍をしているのか、ファンの期待が相次いでいます。

画像

Twitter