K-POP

【祝☆8/25お誕生日】チョ・スンヨンがUNIQのメンバーからX1のメンバーになるまでの経緯

8月27日にデビュー予定のX1。今回は練習生期間が9年と最も長いチョ・スンヨンについてフォーカスを当てていきたいと思います。関連記事はこちら。

『PRODUCE X 101』出演当時のチョ・スンヨン

2014年に中韓合同ユニット・UNIQのメンバーとしてデビューしたチョ・スンヨン。その過程で当時所属していたYGエンターテイメントからYUEHWAエンターテイメントに移籍していますが、2016年に中国で限韓令(韓流制限令)が起こった以降、中国での活動が難しくなり、2017年には活動が全面中断となってしまったチョ・スンヨンですが、2018年にはソロ活動を開始し『WOODZ』という名義で活動します。

その後『PRODUCE X 101』に出演を決めたチョ・スンヨン。その後『プロデュース』シリーズ恒例の運動会でMCをつとめたり、何かと持ち前の明るい性格で場を盛り上げ、存在感を見せつけたチョ・スンヨンです。

X1のメンバーに選ばれたチョ・スンヨンの魅力は?

『PRODUCE X 101』での初回順位は67位と決して高くなかったチョ・スンヨン。それ以降は自身の実力を大いに発揮し、順調に順位上昇、最終順位5位と高い順位でX1のメンバーに選ばれましたが、そんなチョ・スンヨンの魅力はどこにあるのでしょうか?

誰もが認めるオールラウンダー

チョ・スンヨンはデビュー経験者ということもあり、9年という練習生期間で培った実力は確かなもので、ボーカル、ラップ、ダンス全てをこなせるオールラウンダーです。UNIQ時代ではメインラッパーを担当していましたが、『PRODUCE X 101』ではメインボーカルを担当したことも複数回、さらにセンターとリーダーを並行したこともあり、ステージではパフォーマンスを見せる機会に恵まれていました。

ギャグセンス満載も練習生の配慮も忘れないチョ・スンヨン

本人いわく人見知りで、注目を浴びるのが怖いと話していたチョ・スンヨンですが、空気を読んで場を明るく盛り上げてくれる姿は非常に魅力的ではないでしょうか?また、評価曲でレッスンについていけない練習生にダンスやラップを教えてあげる姿が印象的でした。

naver

かつて、EXO『Love Shot』で同じチームになったイ・セジンは練習になかなかついていけず、その際に助けてくれたのがチョ・スンヨンで「練習生期間が短いのは仕方ないこと。お前ができなくて当然」「一生懸命やればいい」と励まし、イ・セジンが号泣していたシーンが印象的でした。その後、イ・セジンが「スンヨンが1つの動作に30分以上もかけて教えてくれた」と明かしています。

チョ・スンヨンはパク・ソンホと仲がいい?

また、チョ・スンヨンは、同い年のイ・セジンの他にも、自身よりも年上のパク・ソンホとりんごを落とさないミッションで一緒になってから仲良くなった模様。

第3次順位発表式にて「パク・ソンホ練習生とは接しにくい」と冗談を言っていたことも、仲がいいという証なのでしょう。最終回のビデオレターでも、チョ・スンヨンはパク・ソンホを指名していました。

8月25日に誕生日を迎えたチョ・スンヨン

そんなチョ・スンヨンは8月25日に24歳の誕生日を迎え、X1、そしてUNIQの公式Twitterでも祝われています。

このように、誰もが認める実力と人柄で、練習生からの人気も高いチョ・スンヨン。X1のメンバーとして活躍してもそれは健在となることでしょう。

画像

Twitter

ABOUT ME
がっきー
K-POP、グルメに関心があります。