K-POP

チャ・ジュノがWoollimエンターテイメントの練習生からX1のメンバーになるまでの経緯

『PRODUCE X 101』放送終了後、今後の活動が大いに期待されているX1メンバーたち。今回は最終順位9位でX1メンバー入りを果たしたチャ・ジュノにフォーカスを当てていきます。

『PRODUCE X 101』出演当時のチャ・ジュノ

Woollimエンターテイメントの先輩であるINFINITEエルに似ているとし、番組放送前から話題を集めていたチャ・ジュノ。

練習生のチュ・チャンウク、キム・ドンユン、ムン・ジュノ、キム・ミンソ、ファン・ユンソンとともにレベル評価に臨んだものの、トレーナーから実力不足を指摘され、Cランクに指名されたチャ・ジュノです。

X1のメンバーに選ばれたチャ・ジュノの魅力は?

『PRODUCE X 101』を通じ、少しずつ実力と自信を身につけていったチャ・ジュノ。最終回では実兄も応援に駆けつけてくれましたが、そんなチャ・ジュノの魅力はどこにあるのでしょうか?

ロボットと呼ばれるも必死に頑張る姿が魅力的?

人見知りがひどく、当初は他の練習生となかなか溶け込めなかったチャ・ジュノ。さらに、パフォーマンス披露の際も表現力が乏しく、トレーナーからも「ロボットみたい」と指摘されてしまいます。さらに普段から声も小さく、自信を無くしてしまったチャ・ジュノは落ち込んでしまいます。

しかし、その後も難しいパフォーマンスを必死にこなし、努力する姿にトレーナーも見直します。もはやロボットではなく「成長型アイドル」ともいえるチャ・ジュノの頑張りが国民プロデューサーに認められた模様です。

チャ・ジュノと仲のいい練習生は?

そんな人見知りだったチャ・ジュノが最も心を開いた練習生は、全ての評価曲で同じグループになったキム・ヨハン、ハン・スンウが挙げられるでしょう。評価曲にてなかなか難しいパフォーマンスをこなすのに苦戦していたチャ・ジュノに対し、常に傍についてくれていたキム・ヨハンとハン・スンウが印象的です。

원본 이미지

naver

そして、同い年のイ・ウンサンもHidden Boxミッションでともにしてから仲良くなったようで、最終回のビデオレターではお互いを指名しあっていたことが印象的でした。

今となってはチャ・ジュノに好かれまくっているキム・ヨハンいわく「チャ・ジュノはロボットではなくちゃんとした人間」と言っているように、スキンシップや笑っている表情も可愛いと評判のチャ・ジュノ。X1としての活躍にも期待できそうですね。

画像

Twitter

ABOUT ME
がっきー
K-POP、グルメに関心があります。