MENU
Untouchable・Sleepy、SONAMOO、TRCNG…立て続けに訴訟を起こされたTSエンターテイメントの現在の動向まとめ|人間翻訳機の雑食サイト
K-POP

【SONAMOOナヒョン&スミンが裁判で勝訴】Untouchable・Sleepy、SONAMOO、TRCNG…立て続けに訴訟を起こされたTSエンターテイメントの現在の動向まとめ

ともにTSエンターテイメントに所属する2人組ラッパー・UntouchableのSleepyとSONAMOOのナヒョン&スミン、そしてTRCNGのウヨプ&テソンが立て続けに訴訟を起こし、波紋が相次いでいます。

⇒2019年の記事から随時追記しています。目次をご覧になってお読みください。

所属事務所から給料が支払われず生活苦を吐露したSleepy

Sleepyは2019年9月19日のSNSにて「支払われていないお金がある」と所属事務所に対する不満の声をあらわにします。Sleepyいわく、2018年4月にTSエンターテイメントの代表が亡くなった後に「到底理解できないことが立て続けに起こった」と訴えかけます。事務所側に「僕のギャラがどこに使われているのか教えてほしいと言ったのにも関わず、うやむやにされた」とのことです。さらに、Sleepyは給料が支払われないことで生活苦に陥り、家賃滞納はおろか、光熱費も支払えず何度も電気・水道が止まってしまったと話しています。

원본 이미지

naver

Sleepyのこのような訴えにTS側は反論。「当社はSleepyの母親の治療費、個人の生活費まで支給していた」「スマホ代や車の保険料まで50%支給した」と明かしました。また、上記の家賃滞納になった自宅および生活家電も全てTS側が支給したものとし、毎月の家賃も負担していたといいます。

・SleepyとTS側の会話の記録(SleepyがTS側に金銭の負担を要求しているもの)

원본 이미지

naver

・以前にバラエティー番組で公開されたSleepyの自宅

원본 이미지

naver

【2019/12/26追記】生活苦の件で防弾少年団ジンから連絡が来たというSleepy

このような生活苦が明るみになった際、12月25日に放送された『ラジオスター』にて、普段から親交のある防弾少年団ジンから連絡が来たというSleepy。ジンいわく「兄さん、本当に誤解せずに、辛かったら僕が少しでも力になりますから、どうかお気を悪くせずに、連絡下さい」というメッセージに対し「本当にうれしかった」と話しています。

원본 이미지

naver

원본 이미지naver

ちなみにSleepyは「その気持ちだけで十分」と返答したようで、ジンの手を借りなかったようですが、このようなエピソードに対し「相手の気を悪くしないように連絡したジンが素敵」「いつも惚れるジンの性格」「Sleepy応援してる」「ジンに足りないものはない」と、視聴者からは様々な反応が寄せられています。

【2020/09/12追記】Sleepyを刑事告訴したというTS側

2020年に入り、9月11日にTS側がSleepyを刑事告訴したことを明らかにしました。上記の光熱費の未払い問題などに関し「虚偽の事実を言っている」と主張するTS側が「名誉を毀損された」というのが理由のようです。

원본 이미지

naver

TS側の公式立場全文

Sleepyは昨年の9月から生活苦の件で注目を浴びましたが、それ以降に芸能活動およびスポンサーで得た収入を独占し、借金6000万ウォンを返済するといった、事実とは異なる主張をし、当社の名誉を毀損しました。

韓国電力公社およびマンションの管理事務所によれば、Sleepyは自宅の光熱費の未払いが無いのにも関わらず「TS側が宿舎の家賃と管理費を7ヶ月から12ヶ月まで滞納し、電気と水道が止められたことで結局退去となった」という虚偽の事実をinstagramに記載し、各種番組に出演した際に上記のような虚偽の内容を流布しました。

このような行為は当社の名誉を毀損するものであり、『情報通信網の利用促進及び情報保護に関する法律』および刑法上の出版物などにおける名誉棄損罪に該当するだけではなく、TSエンターテイメントの契約事項に含まれないのにも関わらず、Sleepyの個人の生活費まで支援していた当社の恩を仇で返したといっても過言ではありません。

当社は今回の刑事告訴をきっかけに、TSエンターテイメントの名誉を毀損し、芸能活動およびスポンサーで得た収入を横領したSleepyの過失を厳重に取り締まるつもりです。

SONAMOOメンバーもTS側を訴えた?

また、同じTSエンターテイメントに所属するガールズグループ・SONAMOOのナヒョンとスミンも2019年9月5日に契約解除を求める内容証明を送っていたことが9月23日になり明らかになりました。これにはTS側が「公式立場を明かすのは難しいです」と言葉を濁している状態です。

원본 이미지

naver

ナヒョン&スミンの訴訟をメンバーは知らなかった?

また、今回の2人の訴訟を他のメンバーが知らなかったようで、突如5人組になることを余儀なくされたメンバー達は慌てるものの「訴訟が解決すればいいと思う」という立場のようです。ナヒョン&スミンの訴訟直前までスケジュールをこなしていたというSONAMOO。しかし、レコーディングを終えてから2日で内容証明を送ってきたというナヒョン&スミンに「他のメンバーの活動を妨害した」とし、TS側は法的対応を考えているとのことです。

원본 이미지

naver

【2020/09/16追記】TSとの裁判で勝訴し契約解除となったナヒョン&スミン

2020年に入り、9月10日に行われた裁判にて勝訴したナヒョン&スミン。これにより、2人はTSとの契約解除が正式に認められることとなりましたが、TS側はこのような判決に納得がいかず、9月14日に控訴したことが明らかになっています。

원본 이미지

naver

ファン「TSはもう信用できない」

TSを相手取った訴訟は過去にもSECRET、B.A.Pも同じ状況に立たされたことがあり、その後はハナを覗いたメンバーがSECRETを脱退、B.A.Pも契約満了で事務所を退社しています。このような相次ぐTS所属アーティストの訴訟に、ファンはもはやTS側に不信感を抱いています。

【2019/10/3追記】元B.A.Pバン・ヨングクのエッセイ集の訴訟エピソードが話題に?

2014年にメンバー全員でTSエンターテイメントを相手取り訴訟を起こしたB.A.P。当時リーダーだったバン・ヨングクが、6月に発売したフォトエッセイにて当時の訴訟について激白しています。バン・ヨングクは訴訟当時、新聞配達のアルバイトで生活費を賄っていたといいます。

원본 이미지

naver

バン・ヨングクいわく「お金のせいで不満を覚えたことはない」と言いながらも「訴訟には多くのお金がかかる。今まで給料を一度ももらったことが無かったため、コレクションしていたスニーカーを売り、費用を賄った」と明かしました。そんなバン・ヨングクは9月20日に発売したSleepyの新曲『紛争』(분쟁)でフィーチャリングに参加しています。

【2019/11/18追記】今度はTRCNGメンバーが虐待&暴行でTSを訴える?

さらに11月に入り、TSエンターテイメント所属のTRCNGのウヨプ&テソンがTSのパク・サンヒョン理事を含んだTSの関係者から常習的に虐待、暴行を受けたと主張、内容証明を送っていたことが明らかになりました。これに対し、パク・サンヒョン理事は「2人が主張しているのは全部嘘です」と反発。

원본 이미지

naver

パク・サンヒョン理事いわく「現在TRCNGは2人のメンバーを除いた8人のみが日本でスケジュールを行っているが、グループ存続は難しいのが現状」と明かしています。さらに、2人を虚偽の事実を明かしたとして訴訟を予定しているといいます。

【2020/04/15追記】TSスタッフ3名が書類送検される

その後、2020年に入りウヨプとテソンを暴行したとされる3名のTSのスタッフが書類送検されたことが4月14日に明らかに。この件については検察の判断により、間もなくして起訴されるかどうか決まるとのことです。

원본 이미지

naver

ABOUT ME
がっきー
K-POP、グルメに関心があります。