K-POP

TXT(TOMORROW X TOGETHER)、『ミュージックバンク』で放送事故。過去には先輩の防弾少年団も放送事故に?

新人ボーイズグループ・TXT(TOMORROW X TOGETHER)が3月29日に放送された『ミュージックバンク』で放送事故がありましたが、所属事務所の先輩である防弾少年団もかつて同じ番組で結構な放送事故に見舞われたことがあります。

放送事故も臨機応変に対応したTXT

TXTは『ミュージックバンク』にてデビュー曲『CROWN』(어느날 머리에서 뿔이 자랐다)を披露しましたが、ステージの途中に音響に問題が起こります。歌が早くなったり遅くなったりと、生放送で絶対あってほしくない放送事故に見舞われたTXTですが、その際に先頭に立っていたリーダーのスビンが驚きながらも臨機応変に対応し、最後までパフォーマンスを終えた姿勢は「本当に新人?」「デビューして2~3年くらいのアイドルみたいだ」と賞賛の声が寄せられました。

naver

防弾少年団も過去に放送事故が?

放送事故といえば、過去に所属事務所であるBighitエンターテイメントの先輩である防弾少年団も同じ『ミュージックバンク』で放送事故に見舞われたことがあります。今から6年前の2013年9月27日の放送回で、当時の活動曲『N.O』を披露する際、冒頭のパフォーマンスでバックダンサーがメンバーの衣装を脱がせる時に、RMとジミンだけが中のシャツごと破けてしまうという事態に。もちろんこれは生放送で行われたため修正ができず、今でもファンの間では伝説の回と呼ばれています。

もちろん今回のTXTの放送事故は単なる偶然ですが、このような放送事故もファンにとってはラッキーと思えるかもしれませんね。何よりもアイドルが成功するためには、このようなハプニングでもうまく対応していけるセンスも必要なのかもしれません。

・放送事故を弁解した際の当時の公式Twitter

ABOUT ME
がっきー
K-POP、グルメに関心があります。