MENU
K-POP

【公式ファンページにて謝罪しました】TWICEジヒョ、V LIVEチャットでの発言で賛否両論。「ただ構ってほしいだけの暇人がごちゃごちゃと…」

TWICEジヒョが1月5日のV LIVEチャットにて、『2019年 MAMA』にて途中で席を外した理由について説明、その際に不適切な発言をしたと賛否両論が相次いでいます。

ジヒョがV LIVEで不適切発言?

1月5日のV LIVEチャットにて、ジヒョは「저 마마 날 무대 중간에 못 나왔잖아요. 자꾸 관종 같으신 분들이 웅앵웅 하시길래 말씀드리는데 그냥 몸이 아팠어요」(『MAMA』の途中でステージから席を外したのですが、ただ構ってほしいだけの暇人みたいな人達がゴチャゴチャ言ってくるので説明しますけど、ただ体調が悪かったんです)というようなニュアンスの発言をします。

원본 이미지

naver

現在、ジヒョのこのような発言の中の『웅앵웅』(ウンエンウン)という擬態語が特に問題視されており、「たわごと、虚言」という意味合いとして主にネット用語で使用されている言葉ですが、とある映画の登場人物のセリフがよく聞こえなかったとあるネットユーザーが『웅앵웅 초키포키』(ウンエンウン チョキポキ)と表記したことから始まった言葉で、それからは『초키포키』が省略され『웅앵웅』という表現として「ゴニョゴニョ、ごちゃごちゃ」といったニュアンスでも使用されているようです。

ネット上で賛否両論

さらに、『웅앵웅』という単語は最近、男性を嫌悪するサイトで主に使用されているようで、男性を見下す表現として見なされている点があることから、このようなジヒョの発言に賛否両論が相次いでいます。そして『웅앵웅』に限らず『관종 같으신 분들』(かまってちゃん、ただかまってほしいだけの人)といった表現は公人として適切ではないといった声もあります。また、これに対し、普段から心ないネットユーザーからの悪質コメントで苦しんでいるジヒョが警告の意味で強く言っただけと、ジヒョを擁護する声もあります。

원본 이미지

naver

【1/7追記】公式ファンページにて正式に謝罪したジヒョ

このように、騒動が大きくなったことでジヒョは1月7日に公式ファンページを通じ正式に謝罪しました。ジヒョの謝罪コメント全文は以下の通りです。

원본 이미지

naver

ジヒョの謝罪文全文

ONCE(ファンクラブ名)、ジヒョです。

昨日V LIVEチャットで、もしかしたらONCEの方達も傷つき、失望したのかもしれないと思うと申し訳ない気持ちでいっぱいです。

最初から詳しく説明します。

昨年の3月くらいに私の悪口が多くなり、それから人と顔を合わせるのが怖くなりました。

空港で涙を流した理由も、人々が私のことを撮影し、見ては叫び、そんな出来事が大きな恐怖、この人たちが私のことをどう思っているのか、どんな目で見ているのか本当に怖かったんです。

そして8月に私のプライベートが流出し、その後は虚偽の事実まで流れ、それによる不安感、憂鬱、恐怖などのネガティブな感情が一気に込み上げて来て、人々の前に立ち一言言うのが、一度ステージをするたび怖く、つらかったんだと思います。

ツアー中にも恐怖がこみ上げてきて、病院でカウンセリングを受け、薬を服用しましたが、私には効き目がありませんでした。そうやって時間が過ぎ、日本ツアーが始まり、『MAMA』直前にあった日本公演から人混みの多いところに立つのが本当につらかったです。

3日間のコンサートの間、恐怖のあまり泣き、本当にどこかにいなくなりたかったです。その状態で『MAMA』に出演し、コンサートよりも多くの人々と顔を合わせなければならず、言葉を発しなければならず、ステージをこなさなければならなかったので、それが私にとっては息が詰まりそうでした。それで韓国に入国する時にまた泣く姿を見せてしまうのではないか、つらそうな姿を見せてしまうのではないかと心配させないよう、メンバーと時間をずらして入国しました。

今話したこの時間の中で、いや、デビューし活動していた間、私に対しネガティブな言葉、バカにする言葉、悪口を数えきれないくらい目にし、深く傷つき、腹が立つこともありましたが、私にはやることがあり、職業があり、ファンもいるので我慢していました。

『MAMA』の出来事は以上です。

私に対し同情してほしい、抱きしめてほしいとかそういうことではなく、私がなぜ誰かにネガティブな表現をしてしまったのか言いたかったです。

私にどんなことが起こってもONCEの前ではいつも全力で、大切な存在で、ONCEを心配しなかったことはなく、昨日の私もその考えに嘘はありませんでした。

一番申し訳ないと思ったのは、今のグループが、ONCEが混乱する時期なのは知っています。それだけに昨日、感情的に言ってしまったことを申し訳なく思っています。ONCEにもグループにも。このことでメンバーまで迷惑をかけ、メンバーが綴ったメッセージに対するONCEのコメントを読みながらも、自分のしたことは自分で説明するこが正しいと思い、このようにメッセージを書きました。

私がONCEの前で歌い、ステージをこなし、会話をしたりといったこの全てのことは私とONCEが幸せならいいな、と思うから。本気でそう願っているため今の仕事をしています。

私がこの仕事をしている理由は私のことを愛し、あたたかく抱きしめてくれるONCEがいるからです。私は耐え抜けるので、ONCEは傷つかないでください。

これからもどんなことであっても芸能人そしてアイドルである以上、話題は起こりえるし、何か言われるかもしれませんが、私はうまくやり、私達がじゅうぶんに幸せになり楽しく、笑い、明るく輝く大切な時間を他のことに使いたくありません。

感情の無駄遣いをさせてしまいごめんなさい、そしてありがとう、ONCE。

 

ABOUT ME
がっきー
K-POP、グルメに関心があります。
Secured By miniOrange