MENU
K-POP

『THE STAR』12月号にX1を変わらず起用した編集長のメッセージが感動的?【全和訳あり】

韓国雑誌『THE STAR』12月号に表紙として起用されたX1。現在騒動となっている投票操作の件とは関係なしにX1を変わらず起用した編集長のメッセージが感動的だと話題になっています。

『THE STAR』12月号の表紙に起用されたX1

韓国雑誌『THE STAR』12月号の表紙として起用されたX1。雑誌カットが公開され、ファンからは「カッコ良すぎる」と話題になっています。

画像

Twitter

画像

Twitter

画像

Twitter

『THE STAR』編集長のメッセージが感動的?

『THE STAR』編集長によれば、X1の撮影は10月末に行われていたといい、その後にプロデューサーのアン・ジュニョンをはじめとした制作陣2名が拘束されたことで、各種メディアでX1を起用しない声が高まっていた中、編集長はそれでも変わらずX1を起用した理由について雑誌の中で明かしています(全和訳)。

더스타 편집장이 엑스원관련 글쓴거 ㄹㅇ 롬곡나 | 인스티즈

▲instiz

『THE STAR』編集長のメッセージ

たくさん悩んだ結果『THE STAR』12月号にX1を掲載することを決めました。実は、X1との撮影はすでに10月末には終えていました。その時には操作というフレーズが少しずつ耳に入ってきていましたが、いまだ4ヶ月もの間警察の調査中であり、X1は活動を続けていましたから。

しかし、雑誌の撮影を終えた一週間後くらいに、Mnetの某PDと某CPが拘束されたという事件が起こりました。それ以降、皆様もご存知の通り、X1はすでに決まっていたスケジュールのみをこなし、その後新たなスケジュールが決まることもなく、X1側から当社に意思表示をしてくることもありませんでした。

ある人は就業詐欺という極端な表現をし、X1をはじめとした『プロデュース101』全シーズンを批判するまでに至っています。もちろんその批判が最も大きいのはX1です。

X1の一部のメンバーはすでに推測がなされている通り、所属事務所から「お前はX1に入るだろう」と言われていたかもしれないし、あらかじめ振り付けの内容を知っていたかもしれません。しかし、これはあくまでも推測であり、まだ確実に明かされたことではありません。そして、それが事実だとしてもX1のメンバーの話も聞く必要があります。練習生として所属事務所の命令に逆らうことができたでしょうか。

メンバーを不当に選び、国民プロデューサーを騙した制作陣をかばうつもりは全くありません。彼らは実際に国民プロデューサーに詐欺をはたらいたわけですから。

しかし、現在X1のメンバーが背負わなければならないものを考えると、少し不憫に思えます。なぜ制作陣、所属事務所の蛮行のせいで彼らが苦痛に耐えなければならないのでしょうか…

そしてメンバーとしてはすでに撮影されたカットやインタビューでも最小限の意見を出したり、ファンとコミュニケーションをする権利があると思います。そのため、深く悩んだ末、PDの拘束前に撮影した『THE STAR』におけるX1の雑誌カットとインタビューをそのまま公開することに決めました。このような決定をどのように考えるかは読者の皆様に任せます。

実際のところ、今回の雑誌カットがX1にとって最後の撮影になるかもしれないと思ったこともあります。そのため、発売したいという気持ちがより大きかったのかもしれません。

メッセージが普段よりも少し重く、暗い(?)ですね。今月号も『THE STAR』の愛するアイドル、俳優たちのカットを心を込めて掲載しています。皆様どうぞお楽しみください。

そして、間もなく訪れる年末年始を楽しくお過ごしください。メリークリスマス!

総括本部長/編集長 カン・ウニョン

ABOUT ME
がっきー
K-POP、グルメに関心があります。