K-POP

『プロデュース』シリーズにて第3次順位発表式でデビュー圏外だったけど最終順位でデビューに成功した練習生まとめ

『プロデュース』シリーズにて、当初デビューが危ぶまれていたものの、最終順位でデビュー圏内に入る練習生が必ずいるのですが、今回は歴代『プロデュース』シリーズにて第3次順位発表式でデビュー圏外だったものの、最終順位でデビューに成功した練習生をまとめてみました。

『プロデュース101』シーズン1: チュ・ギョルギョン&カン・ミナ

I.O.Iを輩出した『プロデュース101』シーズン1ではチュ・ギョルギョンが当初、上位圏にいたものの、第3次順位発表式にて19位と急落。しかし最終回にて再びデビュー圏内に入ることができました。

dispatch

そしてカン・ミナは第3次順位発表式にて18位でしたが、最終回で9位に急上昇し、見事デビューに成功。I.O.Iは今年に入り再び復活を果たすことになり、ファンの期待が高まっています。

『プロデュース101』シーズン2: キム・ジェファン&ライ・グァンリン

そしてWANNA ONEを輩出した『プロデュース101』シーズン2。当時個人練習生であったキム・ジェファンは第3次順位発表式にて13位と危うい順位だったものの、最終順位は4位とデビューに成功。

dispatch

そして外国人メンバーのライ・グァンリンは当初、上位圏に安着していたものの、第3次順位発表式にてカットラインの20位まで急落してしまいます。しかし、最終順位は7位と巻き返しに成功しました。

dispatch

『プロデュース48』: チョ・ユリ&チェ・イェナ&キム・ミンジュ&キム・チェウォン

そしてIZ*ONEを輩出した『プロデュース48』では、番組放送当初から10位以内に入ったことのないチョ・ユリ。第3次順位発表式では18位とデビューからはほど遠い順位でしたが、最終順位はなんと3位と初のデビュー圏内に入ることができました。

dispatch

そして『プロデュース48』最終回にてセンターをつとめたチェ・イェナは第3次順位発表式にて16位だったものの、最終順位は4位とデビューに成功しました。

dispatch

さらに第3次順位発表式にて15位と危うい順位だったキム・ミンジュは最終順位11位、そして第3次順位発表式まで一度もデビュー圏内に入ったことのないキム・チェウォンも最終順位10位と、見事IZ*ONEのメンバーとしてデビューできることに。

dispatch

dispatch

『PRODUCE X 101』ソン・ドンピョ&イ・ハンギョル&カン・ミニ

そして先日放送を終えた『PRODUCE X 101』。番組にて『最初のセンター』を獲得したソン・ドンピョは放送当初は上位圏にいたものの、第3次順位発表式では12位とギリギリの順位に。しかし最終順位は6位と順位を上げることができました。

画像

Twitter

そして『PRODUCE X 101』にて一度もデビュー圏内に入ったことのないイ・ハンギョル&カン・ミニも最終回にて7位&10位と順位急上昇。『X1』のメンバーになることができました。『X1』は今後5年間の活動が控えていますが、今からファンからの注目は大きいです。

画像

Twitter

画像

Twitter