K-POP

ファンは絶対的権力?ファンの猛反対によりアイドルの公式活動が制限されたケース

ここ最近、ファンが「アイドルを働かせすぎている」と所属事務所に猛抗議をし、アイドルのコンサート、イベントなどの公式活動が延期・中止になるケースが相次いでいます。これに対し「やりすぎなんじゃないか?」という意見も少なくありません。

ファンの抗議によりアイドルの公式活動が制限されたケース

秋元康とのコラボが中止になった防弾少年団

これは少し前の話になりますが、11月発売の防弾少年団の日本シングルに秋元康が楽曲提供の『Bird』が収録予定だったものの、ファンが「秋元康は右翼的だ」と、以前の秋元康の右翼的行動を言及し猛批判。これにより該当の楽曲は収録されず、コラボは中止に至りました。ちなみに代替曲として『IDOL』のリミックスバージョンが収録されることになりました。

naver

naver

MAMAMOOの単独コンサートが中止に

ガールズグループ・MAMAMOOは、本来であれば12月15日~16日に韓国で単独コンサートを開催する予定でしたが、年70回を超える地方イベントや海外公演、相次ぐカムバック、ソロ活動、OST参加など多忙な彼女たちに、ファンから「過密スケジュールでメンバーの健康が心配」「働かせすぎ」「コンサートを中止しないと今後はファン活動をしない」と抗議、ボイコットを宣言。これにより、コンサートの開催を1ヶ月前に中止になりました。

naver

IZ*ONE宮脇咲良&矢吹奈子のHKT48コンサート出演に批判

これは中止には至ってはいませんが、12月15日に開催されるHKT48のコンサートに、現在IZ*ONEのメンバーとして活躍している宮脇咲良&矢吹奈子が出演することに。IZ*ONEとしての活動期間はHKT48としての活動を行わない、とすでに告知がされていただけに、ファンから批判の声が避けられなかった模様です。これに対し、IZ*ONEの所属事務所であるOFF THE RECORDエンターテイメントは「2人はあくまでもIZ*ONEのメンバーとして、HKT48の8周年を祝う場所であるために、メンバーがいくつかのステージに参加することが決定した」と弁明しています。

아이즈원 팬 연합 "사쿠라·나코, HKT48 콘서트 출연 철회해라" 성명서 발표

naver

日本でのリリースイベントが中止に追い込まれたNU’EST W

現在、アルバム『WAKE,N』を発売し、精力的に活動中のNU’EST Wは、12月19日に大阪、12月20日に東京でのリリースイベントを控えていたのですが、そこでアルバム購入者限定でハイタッチ会、サイン会、2ショット撮影会を行うと発表された直後にファンカフェを通じ「アーティストを保護して下さい」「イベントを中止しないと今後ファン活動はしません」というファンからの抗議が殺到。それだけではなく、所属事務所であるPLEDISエンターテイメントにファンが押しかけ、イベント中止の内容がかかれたふせんが大量に貼られることに。ファンは以前に彼らが日本で活動していた際の過密スケジュールを理由に挙げていますが、所属事務所はこれを重く受け止め、中止を決定しました。

Twitter

PRISTINのカムバック要求で所属事務所に「ふせん攻撃」

また、このように「ふせん攻撃」をされたのはNU’EST Wだけではなく、NU’EST Wの所属事務所の後輩であるPRISTINも同じ事態に見舞われることになります。PRISTINは公式活動の中止ではなく、それ以前に2017年9月以降に、完全体としての活動が行われていないことについてファンが猛反発。2017年に最高の新人ガールズグループと名高く、今後の活動も期待されていただけに、彼女たちの444日の空白期に疑問を覚えるファンも少なくありません。

obsnews

・所属事務所に対するファンの声明文

obsnews

・所属事務所に貼られた大量のふせん

obsnews

このような行動は果たして本当にアイドルが望んでいることなのだろうか

このようなファンの抗議に対し「ファンへの愛を感じた」と肯定的にみているアイドルたちもいる中、ネット上では「ちょっとやりすぎでは?」「こんなことを果たしてアイドルが望んでいることなのか」「単なるファンのエゴでは?」という声も少なくありません。今回のケースで、アイドルにとってファンは絶対無くてはならない存在であり、アイドルの活動まで左右するということが分かりました。今後も同様のケースが出てくるかもしれませんね。

ABOUT ME
がっきー
K-POP、グルメに関心があります。