K-POP

約5ヶ月ぶりのカムバック!THE BOYZアルバム『Bloom Bloom』全曲解説

『プロデュース101』シーズン2に出演していたチュ・ハンニョンが所属するグループで知られ、デビューと同時に多くの広告モデル、そして賞を獲得したTHE BOYZ。4月29日にシングルアルバム『Bloom Bloom』を発売しました。今回はアルバム全曲解説していきます。

THE BOYZ『Bloom Bloom』はどんなアルバム?

『Bloom Bloom』は約5ヶ月ぶりに発売されたアルバムで、初恋に対する少年の感性を表現したアルバムへと仕上がっており、満開の花が咲いたかのように、THE BOYZの音楽的スペクトラムを鑑賞することができます。

Twitter

アルバム『Bloom Bloom』全曲解説

Twitter

1. Bloom Bloom

タイトル曲『Bloom Bloom』は、初恋に堕ちた少年の心の中に、まるで花が咲いたようなイメージを彷彿させる歌詞が印象的です。

2. Butterfly(몽중)

2曲目の『Butterfly』(몽중)は、カップル同士の蝶がまるで夢を見るかのように幸せさを感じられる楽曲です。まるで耳元で囁いているような歌詞が印象的で、メンバーの歌声がより感性さを感じられます。

Twitter

3. Clover

3曲目の『Clover』は「まるで四つ葉のクローバーのように、僕たちが出会ったのは奇跡のような幸せ」という歌詞を通じ、THE BOYZがファンに向けた気持ちを表現しています。特に今回の楽曲はメンバーが直接作詞に参加したことでも大変意味のある楽曲へと仕上がっています。

Twitter