K-POP

高橋朱里、AKB48卒業&Woolimエンターテイメントとの専属契約を結んだことを発表

AKB48・チームBのキャプテンで、『プロデュース48』にも出演していた高橋朱里が自身のSNSにてグループ卒業を発表、同時に韓国の芸能事務所であるWoolimエンターテイメントから再デビューすることを明らかにしました。

AKB48卒業&韓国で再デビューすることが決まった高橋朱里

高橋朱里は自身のTwitterにて、AKB48卒業とともに、韓国のWoolimエンターテイメントと専属契約を締結したことを発表しました。『プロデュース48』出演後、Woolimエンターテイメントから声がかかっていたとのことで、2月からデビューの準備のために日本と韓国を行き来していたことも明かしています。AKB48卒業時期はまだ決まっていないとのことですが、高橋朱里は韓国で今年デビューするガールズグループに加入するとのことで、卒業はそれほど遠くないと推測されています。

第2のスタートを切る高橋朱里

高橋朱里は2011年にAKB48研究生に合格し、1年後の2012年に正規メンバーに昇格。その後、総選挙では2016年から2018年まで連続で選抜入りし、『プロデュース48』では最終順位16位と、日本でも韓国でも人気が高いです。そんな人気に甘んじることなく、韓国で第2のスタートを切る高橋朱里に、ファンからは応援の声が相次いでいます。

Twitter

ABOUT ME
がっきー
がっきー
韓国某大学院在学中。K-POPやグルメに関心があります。