MENU
K-POP

テヨンも困惑?『ボイスクイーン』にて「少女時代としてデビューするはずだった」という謎の出演者現る

かつて夢を諦めた主婦たちが再び歌手を目指す音楽サバイバル番組『ボイスクイーン』出演者であるホン・ミンジが「少女時代デビュー候補だった」と発言したことで物議をかもしています。

「少女時代としてデビューするはずだった」という謎の出演者現る?

11月28日に放送された『ボイスクイーン』に参加したホン・ミンジが17年前にSMエンターテイメントの練習生だったことを告白。「もしかすると少女時代としてデビューするかもしれなかった」「少女時代がデビューしたのを見て涙した」と発言しました。

원본 이미지

naver

テヨンがinstagramにて不快感あらわす

そんな中、テヨンがこの放送を観たのか、11月29日に自身のinstagramのストーリー機能を用い、ホン・ミンジに対し不快感をあらわしています。

원본 이미지

naver

テヨンのinstagram和訳

私達8人は、少女時代というグループとしてデビューするため、長い間全てをかけ最善を尽くしてきました。決して一日で作られたグループではありません。

最高のメンバーとなるため努力したことは事実ですが、私達は表に出る前から多くの時間を一緒に過ごしてきました。適当に選ばれたわけではありません。

メンバーの記憶を操作しない以上、私達と一緒に汗を流した思い出のない方は、わざわざ少女時代の名前を挙げ、私達を困惑させることのないようにしてほしいです。

ABOUT ME
がっきー
K-POP、グルメに関心があります。