K-POP

ソルリの元恋人・Dynamic Duo CHOIZAへの誹謗中傷に意見が分かれる「一生苦しんで生きろ」vs「もうやめなよ」

ソルリが10月14日にこの世を去った後も、ソルリおよび他アーティストへの誹謗中傷が止まない中、元恋人であるDynamic Duo CHOIZAに対する誹謗中傷に関しては少し異なった動きを見せているようです。

CHOIZAに対する誹謗中傷が特に多い理由

ソルリの死去後、自身のinstagramに追悼コメントを残したCHOIZA。かつて恋人同士だったことで、ファンからも慰めのコメントが多く殺到するかと思いきや、誹謗中傷のターゲットとなってしまいます。これにより、CHOIZAはコメント欄を非表示にすることに。

2017年の破局まで約2年半交際していたCHOIZA&ソルリ。年齢が14歳離れていることと、ソルリの交際中に発表した楽曲の中で性的描写が含まれているものがあることから、当時f(x)のメンバーとして人気絶頂だったソルリのことを「利用した」「礼儀がない」と批判の的になっていたのは事実です。

CHOIZAへの誹謗中傷に意見分かれる?

このようなCHOIZAの過去の件をソルリがこの世を去った今になり掘り起こすユーザーが主に「お前のせいでソルリがこのような選択をした」「今回のソルリの件と過去の出来事を別物に考えることはできない」「一生罪悪感背負って生きろ」という誹謗中傷をしているようです。

원본 이미지

naver

ただ、過去にどんなことがあったとはいえ、ネットユーザーが誹謗中傷をしていることには変わりないため「もうやめなよ」「やりすぎ」「なぜ今になって矛先をCHOIZAに向けるのか」といった意見も多いようです。

ABOUT ME
がっきー
K-POP、グルメに関心があります。