Stray Kidsハン、過去の人種差別&悪口満載の自作ラップがネット上に流出し騒動に。その後謝罪|人間翻訳機の雑食サイト
K-POP

Stray Kidsハン、過去の人種差別&悪口満載の自作ラップがネット上に流出し騒動に。その後謝罪

Stray Kidsのハンが13歳の頃に人種差別&悪口満載の自作ラップがとあるオンラインコミュニティを通じ暴露され、その後本人が謝罪することとなりました。

ハンの過去の人種差別&悪口満載の自作ラップがネット上に流出する

最近、とあるオンラインコミュニティにて「某アイドルグループのメンバーの過去の人種差別」といったタイトルの掲示板のスレッドが話題に。それが後にハンであることが分かるのですが、そこには過去にYouTubeに投稿したラップ映像の歌詞に黒人に対する差別、また『精神病患者』といった悪口が含まれた表現が含まれていると投稿者は指摘しています。

원본 이미지

naver

事実を認め謝罪したハン

その後、ハンは事実を認め謝罪。2月2日のStray Kidsの公式instagramにて直筆の謝罪文を掲載しています。

원본 이미지

naver

ハンの謝罪文

こんにちは。Stray Kidsハンです。

まず、僕が13歳の頃の自作の歌詞が騒動となり、ファンの皆様をはじめ、多くの皆様にご迷惑をかけてしまいました。弁明の余地がなく、心からお詫びいたします。

分別のつかない幼少時代、ラップがやりたいという思いのあまり、不適切な表現を使用してしまいました。大変申し訳ございませんでした。

今回を機に、多くの皆様の意見を聞くこととなりましたが、過去に書いた僕の歌詞も振り返り、多くのことを考えることとなりました。

音楽を通じ、僕というものを表現し、より多くの皆様と共感するべく、歌手という職業を選んだのにも関わらず、過去の過ちに対し僕自身が恥ずかしく思います。

まだ幼いという理由で許されるという行動ではないということをよく理解しています。本当に反省しています。

国内外で多くのファンが応援してくれていることを忘れず、今後はより責任感を持ち、ステージに立ちたいです。

過去の行動により傷ついてしまった多くの皆様に心からお詫びいたします。大変申し訳ございませんでした。

ABOUT ME
アバター
がっきー
K-POP、グルメに関心があります。