K-POP

Stellar解散後Afreeca TVのBJに転身したミニ(ミンヒ)、現役時代よりも稼ぎまくっていると話題に

2011年にデビューしたガールズグループ・Stellar(ステラ)。2018年に惜しくも解散しましたが、メンバーのミニがその後、Afreeca TVのBJに転身し、現役時代よりも稼ぎまくっていると話題になっています。

セクシーコンセプトでたびたび話題となっていたStellar

2011年にデビュー後なかなかヒットせず、2014年の楽曲『Marionette』から過激なセクシーコンセプトに路線変更したStellar。その後、楽曲を発売するごとに批判の的となり、話題性はあったものの、大衆的な人気は得られず、2018年に解散してしまいました。彼女たちの実力は確かなものだっただけに、今でも解散を惜しんでいるファンは多いです。

Afreeca TVのBJに転身したミニの収入がヤバい?

Stellar解散後、Afreeca TVのBJに転身したミニ。気になるのは現在の収入ですが、なんと、BJを始めて数ヶ月で現役時代の収入を上回ったといいます。

insight

insight

Stellarの頃は、7年間活動をしてきた中で1000万ウォンももらっていなかったというミニ。現在はAfreeca TVで約1100万ウォンの収益を叩き出し、約700万ウォンは懐に入るとのことです。そんなBJとして大活躍するミニに、ファンからは「今からでも稼げて本当に良かった」と安心しているようです。

 

ABOUT ME
がっきー
K-POP、グルメに関心があります。