K-POP

SPECTRUM、新型コロナウイルスにより財政悪化でデビュー2年で所属事務所が解散発表。

ボーイズグループ・SPECTRUM(スペクトラム)が新型コロナウイルスによる財政悪化で所属事務所の経営が傾いたことでデビュー2年で解散を発表することとなりました。

新型コロナウイルスの財政悪化でデビュー2年で解散のSPECTRUM

所属事務所であるWYNNエンターテイメントは7月10日、公式ファンカフェにて「新型コロナウイルスの財政悪化により会社の状況が良くないことで、今後SPECTRUMを維持することが難しくなった」とし、この日をもってメンバー全員と契約を解除したと明かしています。

メンバーの訃報などで不運が続いていたSPECTRUM

2018年にデビューしたSPECTRUM。当初はドンギュ、ミンジェ、ジェハン、ファラン、ドンユン、Villain、ウンジュンの7人組で活動していましたが、デビューした年の7月にドンユンが急逝するといった悲しい出来事に見舞われ、その後は6人体制で活動をしていましたが、デビューから2年で正式に解散することとなりました。

ABOUT ME
がっきー
K-POP、グルメに関心があります。