K-POP

SMTOWNのcoexartiumが営業終了危機?赤字が理由も「他の事業から畳むべき」との声

SMエンターテイメントが経営に携わっている『SMTOWN@coexartium』。多くのファンで賑わっていると思いきや、実は赤字で営業終了危機に陥っているとされています。

赤字事業の中断を検討しているというSMエンターテイメント

このたび、韓国の大手芸能事務所であるSMエンターテイメントが配当、自社株買い入れなどの株主還元政策の変更や、赤字事業の中断を検討するという意思表示を見せているようです。どうやら、その赤字事業の中にはあのCOEXに隣接している『SMTOWN@coexartium』も含まれているようで、このまま赤字が続けば営業終了になる可能性もあるとのことです。

newspim

「他の事業から検討すれば?」との声多数

2015年にオープンした『SMTOWN@coexartium』といえば、SMエンターテイメント所属アーティストであるBoA、東方神起、SUPER JUNIOR、少女時代、f(x)、Red Velvet、NCTなどのグッズ販売はもちろんのこと、カフェや映画館、衣装展示などもある複合空間で、毎年多くのファンが訪れる場所で有名です。

원본 이미지

naver

ただ、ファンの訪問数と売り上げは比例していないようで、経営が厳しいことから、今回の営業危機に陥っているようですが、SM側はエンターテイメント事業の他にも娯楽や飲食店など、様々な事業にも手を伸ばしていることでも知られています。

원본 이미지

naver

そのため、いまだ外国人観光客を含んだ多くのファンが訪れている『SMTOWN@coexartium』を閉店させるよりも、まずはエンターテイメント事業とはかけ離れている他の事業から畳むべきでは?といった意見が多いです。