K-POP

【買い占めは絶対に無いことを証明する6つの業績とは?】歌手OVAN、防弾少年団、ZICOを抑え音源チャート1位?買い占め疑惑に完全否定

歌手のOVANがデビューから初の音源チャート1位、防弾少年団、ZICOを上回ったことで音源買い占め疑惑が浮上しています。

OVANに音源買い占め疑惑?

OVANは3月5日に新曲『I Need You』(어떻게 지내)を発表、音源チャート1位にのぼりつめました。しかし、現在防弾少年団、ZICOなどと音源チャートも熾烈な争いが行われている中「ここで1位獲ったらビルボード行けるだろ」といった声が相次ぎ、音源買い占め疑惑が浮上しました。OVANは2018年にも音源買い占め疑惑に包まれ、所属事務所がデマを流したネットユーザーおよび特定の歌手に法的対応に乗り出したことがあります。

OVANが買い占め疑惑を即否定

このように、音源買い占め疑惑の対象となったOVANですが、その後instagramのストーリー機能を用い、この事実を否定しています。2019年からBlock Bのバッキョンによる暴露で韓国で大きな話題になっている音源買い占め騒動ですが、2020年に入ってからもホットな話題になっているようです。

instagram

OVANのinstagram全文(全和訳)

傷つきたくないです。憎みたくもないです。

嘘じゃありません。

僕にその資格がなく、疑われる人で申し訳ありません。

でも本当に嘘じゃありません。

【3/8追記】防弾少年団のファンが一斉にストリーミングを始める

このようなOVANの1位に納得のいかない防弾少年団のファンたちはその後、楽曲『ON』を一斉にストリーミングを始めます。そんな甲斐もあり『ON』が再び1位を獲得しましたが、一部のネットユーザーの間では「音源買い占めもストリーミングも変わらない」と、防弾少年団のファンを「やりすぎ」と批判しています。

insight

しかし、防弾少年団のファンは「ファンが自発的にやっているものなのに、お金を出して不正をする買い占めとは比べものにならない」と反論。しかし、その後OVANの『I Need You』が再び1位に返り咲いたことで、防弾少年団ファンのストリーミングは当分の間続くのではないかと予想されています。

insight

【3/8追記】再び自身の心境を吐露したOVAN

このように、いまだやまない批判に、OVANは再びinstagramにて心境を吐露。「僕が泥棒と言われ、それが理由で家族やペット、友人にまで被害が及んでいる」と綴られています。ストーリーの投稿には、自身のペットの写真に加え、補身湯(ポシンタン: 犬肉スープ)の作り方まで送ってきた悪質なユーザーのDMがスクリーンショットされていますが「本当に辛くて悲しい」「どうしていいのか分からない」「僕が故意的に操作した順位ではない。どうか助けてほしい」と訴えかけています。

instagram

【3/12追記】買い占めは絶対に無いことを証明する6つの業績を主張するOVAN

さらにOVAN側は買い占めは絶対に無いことを証明するべく、過去4年間の活動を否定するネットユーザーへ「6つの業績」を整理した内容を公式Facebookに投稿しました。

▲Facebook

OVANの過去4年間の6つの業績

①放送出演なく立て続けのチャートイン(2017年3月発表の『酔いしれた夜』(취한 밤)から7曲連続チャートイン)

②ソユとのデュエットアルバム『Rain Drop』(비가 오잖아)Melonリアルタイムチャートで4位を記録

③防弾少年団ジョングクが公式Twitterにて『Happiness』(행복)をオススメ

④アイドルではないのにも関わらずYoutube再生回数が圧倒的
(『Happiness』:940万回、『Miss Fortune』(불행): 803万回、『TWENTY』(스무살이 왜이리 능글맞아): 707万回)

⑤ビルボードに14週連続『Hot100』にチャートインしたBryce Vineが直接『La La Land』のフィーチャリングをオファー

⑥JANNABI、ジンシル、ソユ、Chancellor、VINXENなど、コラボしたアーティストたちが豪華

ABOUT ME
がっきー
K-POP、グルメに関心があります。