K-POP

【正式に開催延期が発表される】3月8日の『SBS 人気歌謡 SUPER CONCERT in 大邱』、新型コロナウイルス流行中でも決行で批判の声多数

3月8日に行われる『SBS 人気歌謡 SUPER CONCERT in 大邱』が、現在新型コロナウイルス流行中なのにも関わらず予定通り決行することに批判の声が集まっています。

『人気歌謡 SUPER CONCERT』開催に批判の声多数?

『SBS 人気歌謡 SUPER CONCERT in 大邱』のラインナップが2月14日に全て公開されましたが、1次ラインナップとして防弾少年団、ZICO、SF9、THE BOYZ、Chelly Bullet、2次ラインナップにNCT127、PENTAGON、Weki Mekiの名が公開されています。

しかし、現在、アジアを中心に新型コロナウイルスが蔓延し、各種イベントの延期&キャンセルが相次いでいる中、通常通り決行する姿勢を見せている『SBS 人気歌謡 SUPER CONCERT in 大邱』側に批判の声が集まっています。コンサートが行われる大邱スタジアムはグラウンド席1万人、スタンド席2万人と合計3万人規模であることから「集団感染の恐れがある」といった心配の声が多いです。

これに対し、運営側もこのような批判が集まっているのは承知の上のようで「全席を実名制で運営し、何か問題があれば追跡可能なよう措置をはかる」としています。また、大邱市では入場客にマスクを提供、入り口にセンサーを設置し、入場客の体温を測るとのことです。

【2/19追記】大邱で感染者発生のため急遽チケット発売延期⇒正式に開催延期を発表しました

本来であれば、2月18日の午前10時にチケット販売が開始される予定でしたが、同じ日に大邱で新型コロナウイルス感染者が発生したため、急遽販売を延期しました。当時、公演の延期の可否についてはいまだ未定とされていましたが、その後、大邱で感染が広がったことで主催者側は正式に開催延期を発表。振替日程については改めて告知するとのことです。

원본 이미지

naver

 

ABOUT ME
がっきー
K-POP、グルメに関心があります。
Secured By miniOrange