K-POP

【SBS側が今になり謝罪&全治6週間以上と診断される】『歌謡大戦』リハーサル中に骨折したRed Velvetウェンディ、2mの高さから転落したことが発覚しSBS側に非難の声相次ぐ

12月25日の『歌謡大戦』(가요대전)に出演予定だったRed Velvet。リハーサル中にメンバーのウェンディがステージから転落し顔面負傷、骨盤&手首骨折により出演中止を発表しましたが、その後のSBS側の対応に批判の声が集まっています。

『歌謡大戦』リハーサル中にステージから転落し負傷したウェンディ

『歌謡大戦』リハーサルの途中でステージから転落し、右側の骨盤と手首の骨折、顔の負傷を負ってしまったウェンディ。これにより即病院に運ばれ、精密検査を受けることになりました。

画像

Twitter

その後、ウェンディはなんと、約2mの高さから転落していたことが発覚。当時、ステージにはリフト式の階段が設置されるはずだったものの、これが誤作動を起こしそのまま地面に転落してしまったといいます。

원본 이미지

naver

生放送の出演中止を発表したRed Velvet

新曲『Psycho』にて精力的に活動中のRed Velvet。今回のウェンディの負傷により、所属事務所のSMエンターテイメントが『歌謡大戦』生放送の出演中止を発表しました。その後、『歌謡大戦』では事前録画文が放送されました。骨折という重傷を負ってしまったウェンディにファンからは心配の声が相次いでいます。

また、今回のウェンディの負傷により、Red Velvetが生放送に出演しなくなったことで、約400席ほど用意されていたファン席が結局空席のまま残ったそうです。

dogdrip.net

【12/26追記】SBS側に批判の声が集まる⇒一足遅れて謝罪を発表

このように、けが人が出てしまった状況なのにも関わらず、SBS側はRed Velvet側ではなく、視聴者に向けて謝罪、「ウェンディの一刻も早い回復を祈っています」「出演陣の安全管理に注意を払います」といった簡単な公式立場を明かしたことに、ファンから批判の声が相次いでいます。当時の現場の状況が状況であるだけに、場合によっては骨折で済まなかった可能性もあったことから批判の声はより大きいです。

원본 이미지

naver

その後、事が大きくなるにつれSBS側はRed Velvet側に正式に謝罪を発表しました。「負傷したウェンディはもちろん、家族とRed Velvetメンバー、ファンの皆様に改めて謝罪の意を伝えます」と明かしました。さらに、SBS側は当時の事故の原因を詳しく究明するべく内部調査に着手。「今後同様の事故が起こらないよう注意を払っていく」と付け加えています。

【12/26追記】全治6週間以上と診断されグループとしての活動が事実上不可能に

その後、治療に専念しているウェンディは病院にて全治6週間以上の診断を下されるという、かなり深刻な怪我を負ってしまうという事態に陥りましたが、これによりRed Velvetはグループとしての活動が事実上不可能になります。残りの4人のメンバーはKBS『歌謡大祝祭』、MBC『歌謡大祭典』にてコラボステージ、MCなどの個別のステージにのみ立つとされています。

画像

Twitter

ABOUT ME
がっきー
K-POP、グルメに関心があります。
Secured By miniOrange