K-POP

年末のK-POP界を盛り上げてくれること間違いなし!Red Velvetアルバム『RBB』全曲解説

すっかり人気ガールズグループの仲間入りを果たしたRed Velvet。11月30日にミニアルバム『RBB』を発売しました。今回はそんな2018年の年末を大いに盛り上げてくれるであろうRed Velvet『RBB』全曲を解説していきます。




季節関係なしに盛り上がれるRed Velvetの楽曲

Red Velvetといえば8月に発売した『Power Up』をはじめ、中毒性あふれる盛り上がる楽曲が多いのが特徴で、サマークイーンとして名高いのですが、今や冬に楽曲を発売してもヒットしてしまう、現在は音源クイーンとして名を馳せています。

アルバム『RBB』全曲解説

Twitter

1. RBB (Really Bad Boy)

タイトル曲である『RBB』(Really Bad Boy)は、Red Velvet特有の中毒性あふれるメロディーで、フレッシュ感のある高音が特徴な楽曲です。強烈に惹かれる『悪い男』への感情が大胆に表現されています。

2. Butterflies

2曲目の『Butterflies』はファンタジー要素の多い楽曲で、可愛らしい雰囲気ながらもファンクなメロディを楽しむことができます。恋に落ちる瞬間の感情を、まるで踊るように羽ばたく蝶の姿にたとえた歌詞と、Red Velvetメンバーのソフトな歌声が特徴です。

Twitter

3. So Good

メロディカルなピアノにリズミカルなドラムサウンドがうまく調和をなした『So Good』は、相手の香りとシルエットだけでも波打つ恋の感情を感覚的に表現しています。

Twitter

4. Sassy Me(멋있게)

4曲目の『Sassy Me』(멋있게)はコミカルなブラスサウンドと重みのあるドラムビート、中毒性の強いフックが加わり、完成されたファンキーなダンス曲で、Red Velvetメンバーそれぞれのボーカルが耳を癒してくれます。

5. Taste

リズミカルなベースラインと、グルービーなリズムで構成された『Taste』は、メンバーのウェンディが直接書き下ろしたナレーションから始まります。世の中に存在する多くの選択肢のうち、遠慮しないで自分の思いのままに選択しようというメッセージが込められています。

Twitter

6. RBB (Really Bad Boy) (English Ver.)

6曲目は、タイトル曲『RBB』(Really Bad Boy) の英語バージョンが収録されています。今やグローバルな人気を誇る彼女達のラブコールは止まることがありません。

Twitter

ABOUT ME
がっきー
がっきー
韓国某大学院在学中。K-POPやグルメに関心があります。