元RAINBOWジスク&プログラマーのイ・ドゥヒ、バラエティー番組にて10月に結婚することを発表。|人間翻訳機の雑食サイト
K-POP

【2人の恋愛エピソードがロマンチックすぎる?】元RAINBOWジスク&プログラマーのイ・ドゥヒ、バラエティー番組にて10月に結婚することを発表。

かねてから公開恋愛をしていた元RAINBOWのジスクとプログラマーのイ・ドゥヒがバラエティー番組『羨ましければ負ける』(부러우면 지는거다)にて10月に結婚することを明かし、祝福の声が相次いでいます。

10月に結婚することを発表したジスク&イ・ドゥヒ

共通の趣味を通じ恋人関係に発展したジスク&イ・ドゥヒ。2019年10月に交際を認め、『羨ましければ負ける』を通じ公開恋愛をしていました。そんな2人が6月29日の最終シーズンにて結婚発表。ジスクは1990年生まれ、イ・ドゥヒは1983年生まれと7歳差です。

원본 이미지

naver

直筆の手紙を公開したジスク

今回の結婚発表に合わせ、ジスクは改めてinstagramにて直筆の手紙にて結婚報告。祝福の声が相次いでいます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

레인보우 지숙🌱(@jisook718)がシェアした投稿

ジスクの直筆の手紙全文

こんにちは!ジスクです~

皆様に嬉しいお知らせをしたいと思います!

私のことを私よりも愛してくれるドゥヒオッパと新たなスタートを踏み出すことに決めました。

多くの皆様の応援と関心に感謝してもしきれませんが、これからもっと恩返ししていきます。

特に私の決断に涙してくれたRAINBOWのメンバーと、突然のお知らせにも温かなエールを送ってくれた心の広いRAINNOUS(ファンクラブ名)に熱い感謝の気持ちを伝えたいです。私という存在を知って下さり、見守って下さる方々の心も満足できるよう、今の私だけではなく、これからも精進していきます。

温かな愛を忘れず、気持ちのいい責任感の中で楽しく過ごします!私の感動的な始まりの瞬間にともに祝福してくれた皆様に改めて感謝の気持ちをお伝えします!

-皆様にとっての永遠の魅力・ジスクより♥

所属事務所の公式立場

こんにちは。STARIT Entertainmentです。

本日(6月30日)、ジスクに関するおめでたいニュースをお知らせしたいと思います。

ジスクとイ・ドゥヒが10月に某所にて結婚式を挙げることになりました。

これから結婚生活を始める段階で、少しずつ準備に入っています。

新たな出発を目前にしているジスクの今後に温かな祝福をお願いいたします。これからも送って下さった愛と関心の分、より良い姿で恩返しできるよう努力していきます。ありがとうございます。

【11/02追記】結婚式を行ったジスク&イ・ドゥヒ

その後、10月31日に結婚式を行ったジスク&イ・ドゥヒ。新型コロナウイルスの感染拡大の関係で両家の親族と極めて親しい友人のみを招待した執り行われたとのことです。また、後にイ・ドゥヒが自身のinstagramにて結婚式で明かしたとされる恋愛エピソードを再び語ることとなったのですが、実にロマンチックであると評判です。

원본 이미지

naver

원본 이미지

naver

イ・ドゥヒのinstagram全文

こんにちは。

今日、この世で最も綺麗なジスクを妻に迎えたイ・ドゥヒです。

知っている方もいると思いますが、僕はかなり前からジスクのことが好きでした。

ジスクが出演する番組を見るにつれ、その完璧な姿に、僕は勝手に惚れ込んでいたんです。

お互い水原(スウォン)出身であることもあり、これは運命だ、ジスクが通っていた学校が、僕が大学受験した学校でもあるため、やっぱり運命だ、なんて思いながら共通点を探していました。さらにジスクが地元で複数の広報大使をしている姿がすごく完璧に見えたんです。

とある日、ジスクから連絡がありました。とても信じられなかったのですが、誹謗中傷に耐えられず、対処法を教えてほしいと言ってきたんです。実はいうと、僕はこっちの分野についてよく知りません。いくらパソコンに桑井伊からといって、法的にかかわることまではサポートができないんです。それでも僕は、その時「できますよ」と言いました。

最初に会った時はすごく緊張してしまい、あらかじめ何を話そうかメモで書き記したりもしました。また占い師に助言をお願いしましたね。21時、23時にテーマを変えて話したりもしたし、ジスクが好きそうなプレゼントを用意し、やっとの思いであげました。あらかじめ準備しておいたジスクだけのためのアプリも一緒に。

ジスクが言うアンチはさておき、僕はこれからもジスクと連絡したいと思っていました。毎日同じ時間に電話をしていたのですが、とある日それが途絶えると「なんで今日電話が来なかったんだろう?」と相手側が考えることもあるという文章をネット上で見たこともあり、毎日アラームを設定して電話していました。

しかし、その時は全部失敗したんです。何年も努力をしていたのですがうまくいかず、僕は諦めていました。その後、自然に連絡は疎遠になったのですが、付き合った後に聞いたのですが「変な人だと思った」と言われましたね。

それ以降、久々に会ったのですが、一緒に食事をしている間に、事務所で大きな問題が起こりました。目の前にジスクがいたのにも関わらず、僕はその場でパソコンで対処しなければならない状況でした。その後解決したのですが、ジスクの表情が以前よりも違って見えたんです。目にハートができているのを初めて見ました。パソコンを触っている僕の姿がすごくかっこいいって。実は、これに関しては今でも理解できない部分があります。

それ以降、僕はジスクと付き合い始め、結婚に至りました。

全ての状況、そして運命的な因果関係に感謝します。

僕はパソコンしかできることがありません。あとのことはよく分からないです。20代を全て電算室で過ごし、また30代もパソコンを扱う仕事に集中しています。人よりもパソコンと会話することが多いですね。

こんな僕にとってジスクはもったいない人であることをよく分かっています。ジスクの判断が僕より懸命で、またこれからも変わらないと思っています。そんなこともあり、付き合った後にジスクに言った言葉があります。

その言葉をより確実なものとするために、招待客の皆様の前でも紹介しようと思います。

これから僕はジスクを幸せにするために行動します。

僕がITに携わる理由は、ジスクを幸せにするためであり、10年以上も勉強してきたコンピュータサイエンスはジスクを幸せにするために使おうと思います。

一生懸命生きていきます。

ご傾聴ありがとうございました。

ここまでが昨日の結婚式で招待客に約束した内容です。司会の進行をして下さった代表の方には感謝しています。代表のお言葉を胸に刻み、僕の言葉に常に責任を持っていきます。

ありがとうございます。

ABOUT ME
アバター
がっきー
K-POP、グルメに関心があります。