K-POP

【ベネフィット20万票獲得で称賛の声】『PRODUCE X 101』思い切った決断をしたイ・ユジンを温かく迎え入れたイ・ジニョクが優しいと話題に

『PRODUCE X 101』第6話にてポジション評価のメンバー分けがされましたが、難易度の高い『Xポジション』を選択したイ・ユジンと同じチームになったイ・ジニョクが優しいと話題になっています。

難易度の高い『Xポジション』を選択したイ・ユジン

ドラマ『SKYキャッスル』に出演経験のあるイ・ユジン。しかし、アイドルとしての経験は皆無に等しいため、番組内では実力不足が目立ち、他の練習生からは「あまり一緒にはやりたくない…」と思われている様子。

naver

そんなイ・ユジンはポジション評価のメンバー分けにて、なんと『Xポジション』であるJa Mezz, Andup, MINO『亀甲船』(거북선)を選択。この楽曲はラップとダンスを同時に習得しなければならないのですが、他の練習生が『Xポジション』に否定的な中、自ら選択したイ・ユジンに「マジで?」と周りがザワついてしまいます。

イ・ユジンを受け入れたイ・ジニョクが優しい

そんなイ・ユジンに最も衝撃を受けたのが、同じ『亀甲船』を選択したイ・ジニョクです。イ・ジニョクは「ラップの上手い子と一緒にやりたい…」と言っていたものの、ラップ経験の無いイ・ユジンと同じチームになったことで「なんでこの楽曲選んだの?」と聞いてしまいます。

naver

これに対しイ・ユジンは素直に「やりたかったんです」と返答。最初は戸惑いながらも、そんなイ・ユジンのやる気を受け入れたイ・ジニョクに「優しい」と賞賛の声が集まっています。

naver

イ・ジヌ「お父さんを取られた気分…」

また、イ・ジニョクと同じくらいの衝撃を受けたのは、イ・ジニョクの「息子」と言われているイ・ジヌでしょう。イ・ジニョクとイ・ジヌはいまだ同じグループになったことは無いのですが、イ・ジニョクがやたらとイ・ジヌを溺愛している様子。

instiz

そんなイ・ジニョクがイ・ジヌと同年代のイ・ユジンと同じグループになったことで、イ・ジヌは「お父さんを取られた気分…」と放心状態。そんなイ・ジヌは自身が現在思春期だという理由でBOL4『To My Youth』(나의 사춘기에게)を選択しています。

naver

そんな難関の『Xポジション』をイ・ユジン、イ・ジニョクはうまく乗り越え、完成度の高いパフォーマンスを披露することができるでしょうか?

【6/13追記】イ・ジニョクの個人CAMが格好良すぎてコメント欄が物凄いことになっている件

ポジション評価が行われている中、6月11日にMnet側が個人CAM映像を公開しましたが、『亀甲船』でのイ・ジニョクの銃を撃つパフォーマンスに「格好良すぎる」と話題になり、あまりの格好の良さにコメント欄が訳が分からないことになっていると話題になっています。それだけイ・ジニョクのパフォーマンスが素晴らしかったのでしょう。

①ジニョク覚えてる?一緒に亀甲船乗って私だけ撃たれて死んだの…今天国から個人CAM見てる

②お前たちの亀甲船…ほかの船は沈めて…私の通帳はイ・ジニョクでゼロ

③イ・ジニョクの『亀甲船』見て韓国史検定1級とった

naver

【6/15追記】『Xポジション』総合1位を獲得しベネフィット20万票獲得のイ・ジニョク

『亀甲船』のチームメンバーのほとんどがボーカルを担当する練習生で、さらに練習生期間も短く、イ・ジニョクがラップ、ダンスの構成まで全て考えなければならない状況でした。他の練習生も集中力が続かずなかなか習得しない姿に、イ・ジニョクは限界が来てしまい、練習室を出てしまいます。

naver

その後、イ・ジニョクは感情的になってしまったことを練習生に謝罪、その後真面目に練習に励んだ『亀甲船』チームのパフォーマンスは高い評価を受けました。そんな『亀甲船』チームを引っ張っていったイ・ジニョクは見事『Xポジション』総合評価にて1位、ベネフィット20万票を獲得しました。

naver

これには『亀甲船』チームにて、イ・ジニョクの苦労を知っているMCのイ・ドンウクも称賛している様子。さらに同じUP10TIONのキム・ウソクをはじめ、他の練習生からも拍手が起こりました。今回イ・ジニョクが獲得したベネフィット20万票が次回の第2次順位発表式にてどのような順位変動があるか、今からファンの注目が集まっています。