K-POP

『PRODUCE X 101』第3次順位大変動。ファイナル進出の練習生紹介【デビュー圏内1位~11位】

7月12日の『PRODUCE X 101』にて第3次順位発表式が行われましたが、今回は見事ファイナルに進出することになった練習生をデビュー圏内まで紹介していきます。前回よりも順位が大変動した模様です。

1位: キム・ヨハン(582,503票)

第3次順位発表式で堂々の1位を獲得したのはキム・ヨハンです。キム・ヨハンは前回のコンセプト評価にて総合1位を獲得、ベネフィット点数を持って行ったことが1位の理由だと思われます。前回、練習生の順位公開の際、1位の練習生が『キム??』と一部のみ公開されたのですが、おそらくこれもキム・ヨハンでしょう。

Twitter

kpenews

2位: キム・ウソク(457,477票)

2位を獲得したのはキム・ウソクで、第2次順位発表式よりも1位下落しましたが、コンセプト評価曲『U GOT IT』でセンターを務め、その際は振り付けが大幅に変更になったことで練習についていけなかったものの、必死に努力した姿が順位に現れたのでしょう。

Twitter

3位: イ・ジニョク(351,174票)

3位はキム・ウソク同様TOP MEDIA所属のイ・ジニョクです。ポジション評価曲『亀甲船』(거북선)でメンバーの中心になり努力していた様子や、卓越したラップの実力、そして練習生のイ・ジヌを息子のように可愛がっていた面倒見の良さが魅力的です。

Twitter

4位: ハン・スンウ(329,581票)

番組当初は決して順位の高くなかったハン・スンウ。しかし、持ち前の実力や評価曲のたびに見せるセクシーなパフォーマンス、人柄の良さが周りの練習生にも認められ、国民プロデューサーにも通じたのだと思われます。練習生のソン・ドンピョを可愛がる姿にもギャップ萌えを感じます。

Twitter

5位: キム・ミンギュ(290,944票)

卓越したビジュアルに183cmという高身長で固定ファンの多いキム・ミンギュ。ただし練習生期間が短いということもあり、実力不足が目立ち、一時は上位だった順位が10位にまで下降。しかし、番組を重ねるごとに努力する姿が評価され、再び上位圏に返り咲きました。

Twitter

6位: チョ・スンヨン(281,580票)

練習生期間が9年と長いチョ・スンヨン。ボーカル、ラップ、ダンスと文句なしの実力に他の練習生を配慮できるリーダーシップ、明るい性格で周りを楽しませる姿に魅力を感じるファンが増え、前回の順位である17位から11位も上昇し、見事ファイナルに進出しました。

Twitter

7位: ナム・ドヒョン(272,795票)

最年少ながらも身長180cmというジャイアントベイビーなナム・ドヒョン。練習生期間は長くないものの、まるで生まれ持った才能のようなラップの実力はトレーナー達も評価しています。現在成長期なナム・ドヒョンは無事にデビューし、大好物のテジカルビをたくさん食べることができるでしょうか?

Twitter

8位: ソン・ヒョンジュン(242,818票)

番組放送以来、デビュー圏内を維持し続けているソン・ヒョンジュン。可愛らしいルックスと必死に努力する姿に年上ファンも着実に増やしています。当初Xランクでリーダーをつとめた際、なかなか練習生を引っぱれずに泣いていたこともありますが、デビュー評価『To My World』で再びリーダーになったことで、リーダーシップを発揮できるでしょうか?

Twitter

9位: イ・ウンサン(230,716票)

番組放送以来、比較的順位が安定しているイ・ウンサン。評価曲のたびにセクシーな姿と可愛らしい姿を両方見せ、固定ファンが多いです。そして、評価曲のたびに自身のやりたいことを積極的に主張する姿も国民プロデューサーに通じたのでしょう。

Twitter

10位: クム・ドンヒョン(230,716票)

前回の順位から9位も上昇し、初めてデビュー圏内に入ったクム・ドンヒョン。コンセプト評価曲『Super Special Girl』にてメンバー内で1位を獲得、ベネフィットを持って行ったことが順位上昇の大きな理由だと思われますが、『黄金カップル』と呼ばれるファン・ユンソンとの仲の良さも魅力的に見えます。

Twitter

11位: チャ・ジュノ(181,445票)

所属事務所の先輩であるINFINITEのエルに似ていると話題になったチャ・ジュノ。パフォーマンスでの自信のなさと人見知りの性格が災いし、苦戦していた姿が目立ち、順位もデビュー圏内と圏外を行ったり来たりしていましたが、再びデビュー圏内に入ることに。

Twitter