K-POP

『PRODUCE×101』センター候補の半数がアイドルグループのメンバー?ネット上で賛否両論。

I.O.I、WANNA ONE、IZ*ONEを輩出した『プロデュース』シリーズのシーズン4である『PRODUCE×101』。現在練習生達の合宿が始まっていますが、今回のセンター候補の練習生のうち、半数がアイドルグループのメンバーということで、ネット上で賛否両論の声が集まっています。

以前とは異なるテーマ曲のセンター決め

『プロデュース101』シーズン3までは、トレーナーの評価でセンター決めをしていましたが、今回は少し異なります。最終ランク分けでAランクに選ばれた練習生のみすでに公開されており、センター候補のAランクの練習生15人のうちから、国民プロデューサーの投票により決まるとされています。

センター候補の半数はアイドルグループのメンバー?

なお、15人のセンター候補の練習生のうち、約半数の6人はアイドルグループのメンバーだとのことです。その顔ぶれは、VICTONスンウ&ビョンチャン、UP10TIONウシン&ウェイ、MYTEENユビン&グクホンが候補に挙がっているようです。

naver

ネット上では賛否両論の声が

『プロデュース101』は、デビューを夢見る練習生達が番組の才能を発揮し、国民プロデューサーに認めてもらいデビューをさせることが目的のオーディション番組です。それなのにも関わらず、すでにデビュー済みのアイドルが続々と出演するのは、デビューを夢見る練習生達の居場所を奪うことではないか?という反応が多いようです。

naver

最近まで活動していたアイドルグループのメンバーが出演することに拒否感?

その上、VICTON、UP10TION、MYTEENといったボーイズグループは、昨年(2018年)まで活発に音楽活動をしていました。さらにこれらのグループは韓国での認知度がそう高くないことから、グループを維持させるために番組に出演したのではないか?と推測している視聴者もいるようです。

センター選びに有利すぎる?

『プロデュース101』の最初のセンターは最も注目されるポジションです。シーズン1ではチェ・ユジョン、シーズン2ではイ・デフィ、シーズン3での宮脇咲良が最初のセンターに抜擢されましたが、全てデビュー組に選ばれています。さらに今回のセンター決めは国民プロデューサーの投票により行われるため、ある程度ファンが付いているアイドルグループ出身の練習生は有利な傾向にあります。

NU’ESTやHOTSHOTのようなポジションはもうお腹いっぱい?

もちろん、今まではグループとしての活動に限界を感じ『最後の挑戦』として『プロデュース101』に出演したアイドルグループのメンバーも多く存在します。シーズン1ではDIAチェヨン、シーズン2ではNU’ESTミニョンとHOTSHOTソンウン、シーズン3では以前にYe-Aとして活動していたクォン・ウンビがそれぞれ選抜メンバーに入った前例があります。しかし、アイドルグループの再デビューが当たり前になってはいけない、という意見も多いです。

naver

特に今回は個人練習生の応募枠が大幅に拡大されていることから、個人練習生にチャンスを譲ってほしい、という声も多いです。といっても、国民プロデューサーにより選抜メンバーが決定するので、今後の放送によっては実力ではい上がってくる練習生も多く現れることでしょう。今年の『PRODUCE×101』も話題がホットになりそうです。