K-POP

【最終回の見どころは?】『PRODUCE X 101』最終回終了。デビューメンバー『X1』11名(1位~10位+X)は誰?

7月19日に最終回を迎えた『PRODUCE X 101』。厳しい練習の末、見事デビューを勝ち取った11人のメンバーを紹介していきます。

グループ名は『X1』に決定

『プロデュース』シリーズにて輩出されたI.O.I、WANNA ONE、IZ*ONEに続き、『PRODUCE X 101』でのグループ名は『X1』(エックスワン)に決定しました。

見事デビューを勝ち取った11人の練習生は?

そんな国民プロデューサーの投票のもと、見事デビューを勝ち取った『X1』のメンバーである11人の練習生たちは以下の通りです。1位から10位までは生放送での投票で決まり、最後に呼ばれた練習生『X』は今までの累積投票数で選ばれました。

画像

Twitter

順位練習生得票数
1キム・ヨハン1,334,011
2キム・ウソク1,304,033
3ハン・スンウ1,079,200
4ソン・ヒョンジュン1,049,222
5チョ・スンヨン929,311
6ソン・ドンピョ824,389
7イ・ハンギョル794,411
8ナム・ドヒョン764,433
9チャ・ジュノ756,939
10カン・ミニ749,444
Xイ・ウンサン3,164,535

『PRODUCE X 101』センターはキム・ヨハン

今回の『PRODUCE X 101』にて見事『X1』のセンターを勝ち取ったのはキム・ヨハンです。今までデビュー圏内から外れたことのないキム・ヨハン。練習生期間が短い中でも成長していく姿に着実にファンを増やしていきました。

【7/21追記】脱落が惜しまれる練習生は?

ファイナルに進出した練習生のうち、番組放送当初から上位圏にいたキム・ミンギュ、ポジション評価において『Xポジション』で奮闘していたイ・ジニョクは惜しくも脱落。さらに、今回の最終順位で『X』のシステムが存在せず、生放送の投票のみで行われた場合はイ・ジニョクがデビューしていただけに、ファンからは惜しむ声が多いようです。

イ・ジニョク

さらに、当初上位圏にいた練習生のうち、第3次順位発表式にて順位が下降してしまったソン・ユビン、ク・ジョンモは最終順位でも巻き返すことができず、脱落を悲しむ声も多いです。

【7/22追記】最終回の見どころは?

また『PRODUCE X 101』最終回は順位発表だけではなく、他にも多くの見どころがありました。最終回ではどんな見どころがあったでしょうか?

練習生同士のビデオレターが話題に

『PRODUCE X 101』最終回では練習生同士のビデオレターが公開され、感動を呼びました。ビデオレターではファイナルに進出した練習生同士のほか、すでに脱落した練習生へのビデオレターも話題になりました。

チョ・スンヨン⇒パク・ソンホ、ソン・ユビン⇒チェ・スファン

slist

ソン・ヒョンジュン⇔キム・ミンギュ、イ・ウンサン⇔チャ・ジュノ、ハン・スンウ⇔ソン・ドンピョ

tvdaily

キム・ミンギュの『TT』⇒宮脇イ・セジン?

そして『プロデュース』シリーズの最終回にて恒例となった練習生たちの事前ミーティング動画の公開。毎回のごとく容赦なく公開処刑されるのですが、特に好評を呼んだのはキム・ミンギュの可愛らしいTWICEの『TT』ダンスに、イ・セジンが踊る『プロデュース48』テーマ曲『PICK ME』(내꺼야)です。一生懸命『PICK ME』を踊るイ・セジンに、イ・ジニョクが最初のセンターであった宮脇咲良の名前をもじり「宮脇イ・セジン」とつぶやいたことも爆笑を誘いました。