K-POP

『PRODUCE X 101』デビュー評価メンバー編成&11話での見どころは?

『PRODUCE X 101』にてあと残すはデビュー評価のみとなりました。今回はデビュー評価におけるメンバー編成&11話での見どころについて紹介していきます。

『PRODUCE X 101』デビュー評価メンバー編成

デビュー評価のメンバー編成については、既存の『プロデュース』シリーズと同様、20位の練習生からパート選びができるのですが、上位の練習生が自身よりも下の練習生のパートを奪うことが可能で、また楽曲の移動も可能になりました。最終のメンバー編成は以下の通りです。前回の評価曲同様、リーダー、センターの練習生については色付きで表示しています。

リーダーセンター

To My World

naver

ポジション練習生
メインボーカルチョ・スンヨン
サブボーカル1ハン・スンウ
サブボーカル2イ・ウンサン
サブボーカル3キム・ミンギュ
サブボーカル4イ・セジン
サブボーカル5ファン・ユンソン
サブボーカル6チャ・ジュノ
ラッパー1キム・ヨハン
ラッパー2ソン・ヒョンジュン
ラッパー3クム・ドンヒョン

少年美(소년미)

naver

ポジション練習生
メインボーカルソン・ユビン
サブボーカル1キム・ウソク
サブボーカル2ハム・ウォンジン
サブボーカル3カン・ミニ
サブボーカル4TONY
サブボーカル5ク・ジョンモ
サブボーカル6イ・ハンギョル
ラッパー1イ・ジニョク
ラッパー2ナム・ドヒョン
ラッパー3ソン・ドンピョ

11話での見どころは?

7月12日の『PRODUCE X 101』では、第3次順位発表式のほかにもメイク授業、そして練習生たちの運動会(명랑 운동회)が行われましたが、そこでの見どころはどこにあるでしょうか?

メイク授業でのパク・ソンホ&チョ・スンヨンの様子がおかしい?

この日の『PRODUCE X 101』では、ビューティーアドバイザーのSSIN(씬님)の指導のもと、メイク授業が行われたのですが、端の方に座っていたパク・ソンホ&チョ・スンヨンがお互いの顔にイタズラをした瞬間が印象的でした。

naver

運動会にてキム・ウソクの言葉が聞き取れないイ・ウンサン

また、今回も『プロデュース』シリーズ恒例の運動会が行われましたが、ヘッドフォンをつけたまま練習生の言っている単語を聞き取る種目で、キム・ウソクの言う単語がどうしても聞き取れず、誤答を連発するイ・ウンサンが話題になりました。普段あまり怒ることのないというキム・ウソクですが、今回ばかりは玉砕してしまったようです。

slist

20個のロウソクをバットで全て消したイ・ジニョク

また、野球のバットで風を利用し、ロウソクの火を消すといった種目では、練習生がなかなか苦戦してしまった様子。そんな中、イ・ジニョクが1回目は失敗してしまったものの、チャンスをもらった2回目では20個全て消したことで練習生たちからは驚きの声が。

naver

『少年美』センターパートでセクシー美爆発のキム・ヨハン&チョ・スンヨン&ハン・スンウ

また、デビュー評価曲のレッスンにて、センターパートのアピールをすべく練習生たちがトレーナーに次々とアピールしていくのですが、なぜか『少年美』のセンターパートを『To My World』を担当しているキム・ヨハン&チョ・スンヨン&ハン・スンウが披露することに。

そこでセクシー美が爆発しまくっているパフォーマンスを披露したことで他の練習生たちから悲鳴が起こりましたが、ハン・スンウに至ってはセクシーすぎて建物ごと揺れてしまうという事態になりました。