K-POP

『プロデュース48』練習生出身コ・ユジン、所属事務所退社&引退発表「普通の女の子に戻ります」

2018年に『プロデュース48』に出演していたコ・ユジンが2020年に入り所属事務所を退社、これ以上アイドルとしての道に進まないことを明らかにしました。

所属事務所退社&引退を発表したコ・ユジン

『プロデュース48』練習生出身のコ・ユジン。番組放送終了後もデビューに向けて準備、ライブ放送などを行っていましたが、6月3日のinstagramにて所属事務所を退社していたことを明かしました。コ・ユジンいわく「デビューしたかったけどうまくいかなかった」「運とタイミングが合わず、良くないことも多くあって精神的に疲れたのでこれ以上アイドルはやらないことにしました」と、引退することを明かしています。

원본 이미지

▲naver

今後もファンとのコミュニケーションは行う予定?

ただ、コ・ユジンは今度は一般人としてインスタライブ、Afreeca TVの放送を通じファンとコミュニケーションをはかることを予告しています。コ・ユジンはかつての所属事務所であったBLOCKBERRYクリエイティブから8Dクリエイティブに移籍していました。

ABOUT ME
がっきー
K-POP、グルメに関心があります。