K-POP

プロデュース101シーズン4が2019年上半期放送決定。個人練習生の応募枠大幅拡大へ。

韓国の人気オーディション番組『プロデュース101』が来年の上半期に放送することが決定しました。今回シーズン4にあたる『PRODUCE×101』は、番組の既存のオーディション形式とどんな違いがあるのでしょうか?




番組予告のティーザー映像が公開される

12月14日に『PRODUCE×101』のティーザー映像が公開されましたが、番組おなじみのロゴには今までとは違い『X』という未知数のアルファベットが追加されており、ファンの期待を高めています。『プロデュース101』シーズン1&2、そして『プロデュース48』まで続き、今回の『PRODUCE×101』も放送が開始されたらかなり話題になるに違いありません。

今回は男性版の『PRODUCE×101』

また、『プロデュース101』シーズン1は女性版、シーズン2は男性版、『プロデュース48』が女性版だったため、何となく想像はつくと思いますが、今回の『PRODUCE×101』は男性版として放送されるため、女性ファンは大喜びではないでしょうか?また、この番組を通じて大人気になったWANNA ONEの事例があるため、『PRODUCE×101』にて輩出されるグループは第2のWANNA ONEになること間違いなしです。

個人練習生の枠が大幅に拡大される

そして『プロデュース101』シーズン2にて個人練習生(芸能事務所に所属していない一般応募)として参加したキム・ジェファンがWANNA ONEのメンバーとして選ばれた事例があるように、今回の『PRODUCE×101』では個人練習生の枠が大幅に拡大されるようです。これに伴い、番組側が個人練習生専用応募フォームを設けています。1月中旬までの応募が可能とのことで、受付後に所定の手順を経て、正式に番組に参加する個人練習生を選抜するとのことです。

この他にも、国籍は問わず、2005年以降に生まれた男性であれば誰でも応募可能ということなので、アイドルの夢を必死に追いかける練習生の応募が殺到しそうですね。もちろん、日本からの応募も可能なので、この機会に是非応募してみてください!

naver

ABOUT ME
がっきー
がっきー
韓国某大学院在学中。K-POPやグルメに関心があります。