K-POP

【かつての『プロデュース』シリーズとの大きな違いは?】プロデュース101シーズン4が5月3日に放送決定。個人練習生の応募枠大幅拡大へ。

韓国の人気オーディション番組『プロデュース101』が5月3日に放送することが決定しました。今回シーズン4にあたる『PRODUCE×101』は、番組の既存のオーディション形式とどんな違いがあるのでしょうか?

番組予告のティーザー映像が公開される

12月14日に『PRODUCE×101』のティーザー映像が公開されましたが、番組おなじみのロゴには今までとは違い『X』という未知数のアルファベットが追加されており、ファンの期待を高めています。『プロデュース101』シーズン1&2、そして『プロデュース48』まで続き、今回の『PRODUCE×101』も放送が開始されたらかなり話題になるに違いありません。

今回は男性版の『PRODUCE×101』

また、『プロデュース101』シーズン1は女性版、シーズン2は男性版、『プロデュース48』が女性版だったため、何となく想像はつくと思いますが、今回の『PRODUCE×101』は男性版として放送されるため、女性ファンは大喜びではないでしょうか?また、この番組を通じて大人気になったWANNA ONEの事例があるため、『PRODUCE×101』にて輩出されるグループは第2のWANNA ONEになること間違いなしです。

個人練習生の枠が大幅に拡大される

そして『プロデュース101』シーズン2にて個人練習生(芸能事務所に所属していない一般応募)として参加したキム・ジェファンがWANNA ONEのメンバーとして選ばれた事例があるように、今回の『PRODUCE×101』では個人練習生の枠が大幅に拡大されるようです。これに伴い、番組側が個人練習生専用応募フォームを設けています。1月中旬までの応募が可能とのことで、受付後に所定の手順を経て、正式に番組に参加する個人練習生を選抜するとのことです。

この他にも、国籍は問わず、2005年以降に生まれた男性であれば誰でも応募可能ということなので、アイドルの夢を必死に追いかける練習生の応募が殺到しそうですね。もちろん、日本からの応募も可能なので、この機会に是非応募してみてください!

naver

→【5/3追記】個人練習生の応募の結果、選ばれた練習生の比率も例年に比べ多く、最終的には9人となったようです。

【追記】選抜メンバーは5年間活動することが決定

2月27日に『PRODUCE×101』制作陣が、今回選抜されるメンバーは5年の活動期間を設けることを明らかにしました。『プロデュース101』シーズン1から輩出されたI.O.Iは1年、シーズン2から輩出されたWANNA ONEは1年6ヶ月、『プロデュース48』から輩出されたIZ*ONEは2年6ヶ月と、シーズンを重ねるごとに活動期間が長くなっているため、今回の『PRODUCE×101』においてはさらに活動期間が長くなることが予想されていましたが、5年という長い期間を設けたのはまさに想定外。

といっても、グループ活動に専念するのが最初の2年6ヶ月のみで、その後はグループ活動と、メンバーそれぞれの所属事務所の活動と並行するというシステムを取るそうです。『PRODUCE×101』から選抜された練習生は3月上旬から合宿に入るとのことです。

【追記】番組MC、トレーナーが決定

また『PRODUCE×101』にて重要な役割を担う『国民代表プロデューサー』と呼ばれる番組MCは俳優のイ・ドンウクが担当することが決まったそうです。『プロデュース』シリーズでは過去にチャン・グンソク→BoA→イ・スンギと豪華な顔ぶれがMCを担ってきましたが、現在人気が急上昇しているイ・ドンウクの活躍に、お茶の間も期待しているようです。また、従来では女性版の『プロデュース』シリーズでは男性MCが、男性版では女性MCが担当していましたが、今回は男性版で初の男性MCという違いがあります。

naver

また、練習生達を指導するトレーナーは『PRODUCE×101』シーズン2にも出演していたボーカル担当のシン・ユミ、sg WANNABE+イ・ソクフン、ラップ担当のCheetahが出演が確定しています。特にCheetahは全ての『プロデュース』シリーズに出演を果たしています。お馴染みの顔ぶれに番組ファンも喜んでいることでしょう。

naver

【5/3追記】そして、今回の『PRODUCE×101』では毒舌ダンストレーナーとして有名なペ・ユンジョンも出演が決定しました。ペ・ユンジョンは今まで女性版『プロデュース』シリーズのみの出演でしたが、今回は初の男性版での出演により、練習生がペ・ユンジョンの毒舌に耐えられるか見物ですね。

naver

【5/3追記】さらに厳しくなったランク分け

従来の『プロデュース』シリーズでは、練習生のランクがA、B、C、D、Fの5段階でしたが、今回はFランクが撤廃された代わりに、さらに下のXランクが設けられ、より厳しいランク分けになるようです。

naver

また、今回は『プロデュース101』シーズン1&2とは異なり、選抜メンバーが11人ではないことが事前に分かっており、どのようなデビューシステムが組まれるのか、まずは5月3日の初回放送を観るしかありませんね!

→【5/4追記】選抜メンバーは11人であることが決まりましたが、10位までは最終回の生放送の投票で決まり、11位は4回にわたる投票数を合算し、最も高い練習生を選抜するということが明らかになりました。