K-POP

『PRODUCE 101 JAPAN』大澤駿弥「フォアグラとキャビアも全部あるもん」←自らトリュフになったと話題になる

現在、グループバトルで奮闘中の『PRODUCE 101 JAPAN』。その中でもムードメーカーの大澤駿弥の活躍ぶりが話題になっています。

「フォアグラとキャビアも全部あるもん」と発言したところ…?

グループバトルにて、第1回順位発表式にて上位の練習生から練習生を指名をする形でグループを作っていったのですが、1位であった川尻蓮がもはや最強チームを作りかけている中、大澤駿弥が「フォアグラとキャビアも全部あるもん」と嘆いている姿が話題になりました。

その直後、川尻蓮が最後のメンバーとして大澤駿弥を指名した際には本人も驚き。ネット上では「自らトリュフになった」との声が相次いでいます。

ムードメーカーと評判の大澤駿弥

『PRODUCE 101 JAPAN』でもムードメーカーで、他の練習生からも人気の高い大澤駿弥。推しカメラでは自身の拳を食べたり、1分PRではラーメンを食べる姿でたびたび話題を呼び、ファンを増やしていますが、今後の活躍ぶりがより注目されている練習生のうちのひとりです。

ABOUT ME
がっきー
K-POP、グルメに関心があります。