K-POP

【乳首に絆創膏を貼っていたと突如暴露する】『PRODUCE 101 JAPAN』Hey! Say! JUMP『OVER THE TOP』でセンターをつとめたチョン・ヨンフン、エンディングが山田涼介っぽいと話題に?

『PRODUCE 101 JAPAN』ポジションバトルにてHey! Say! JUMP『OVER THE TOP』でセンターをつとめたチョン・ヨンフンがかっこいいと話題になっているようです。

レベル分けテストで苦戦するチョン・ヨンフン

ボーイズグループ・HALOのリーダー、オウンとして活躍していたチョン・ヨンフン。2014年にデビューしたものの「だんだん人気が無くなっていくのが見えた」と苦労した現役時代を語りました。そんなチョン・ヨンフンは同じメンバーであるキム・ヒチョン&キム・ユンドンとともに番組に参加することになりますが、レベル分けテストで1人だけBランク。さらにレベル再評価ではCランクと下降してしまいます。

このように、キム・ヒチョン&キム・ユンドンともにAランクを維持し、自身だけランクが落ちてしまうという苦渋を味わったチョン・ヨンフンですが、Cランクの練習生達に「もう終わった結果なので今からもっと頑張りましょう」と励まし、場の雰囲気を良くしてくれたことが印象的です。

『OVER THE TOP』のエンディングが山田涼介っぽいと話題に?

そんなチョン・ヨンフンがポジションバトルで選んだ楽曲がHey! Say! JUMP『OVER THE TOP』ですが、デビュー経験済みであることからその実力が他の練習生たちに買われ、センターを担当することに。その際のエンディングの表情が、Hey! Say! JUMPの中心メンバーである山田涼介ばりにキラキラしている、と話題になりました。

チョン・ヨンフンが属する『OVER THE TOP』1組ですが、グループ点数が2組に負けてしまい、チョン・ヨンフン自身も順位が2位とボーナス得点を逃してしまいましたが、これからの活躍が大いに注目されている練習生です。

【11/3追記】磨田寛大を必死にサポートするチョン・ヨンフン

その後、グループバトルにて防弾少年団『FIRE』を披露することになったチョン・ヨンフン。そこで逆指名するという形で同じチームに入った練習生の磨田寛大ですが、本人はボーカル、ダンス、ラップ全て未経験ということもありレッスンに苦戦していました。そこで率先して磨田寛大をサポートしたのがチョン・ヨンフンです。

無事にステージを終えた後、感極まって泣いてしまった磨田寛大ですが「チームのみんながたくさん助けてくれた」「特にヨンフンくんと(キム)ユンドンくんには多く助けられた」と感謝の言葉を送っています。

【11/17追記】レベル分けテストで乳首に絆創膏を貼っていたと暴露?

11月14日の放送回にて仲間たちの「ここだけの話」という企画が放送されたのですが、チョン・ヨンフンは第1回レベル分けテストにて、乳首に絆創膏を貼っていたことを暴露しました。当時、衣装で着た白のシャツが薄かったことから、乳首にハートの絆創膏を貼っていたといいます。

ABOUT ME
がっきー
K-POP、グルメに関心があります。