MENU
K-POP

HINAPIAミンギョン、PRISTIN解散直後当時の心境を語る「永遠に眠りから覚めなければいいと思った」

2017年にデビューしたガールズグループ・PRISTINがメンバーの契約満了にともない、デビュー2年で2019年に解散を発表。その後HINAPIAのメンバーとして再始動したミンギョンが解散当時の心境について語っています。

⇒【2/3追記】2019年のPRISTINの解散当時の記事に追記しています。

デビュー2年で解散したPRISTIN

所属事務所のPLEDISエンターテイメントは、5月24日にPRISTINの解散を正式に発表。契約満了にともない、ギョルギョン、イェハナ、ソンヨンは再契約、残りのメンバーであるナヨン、ロア、ユハ、ウヌ、レナ、シヨン、カイラは所属事務所を離れるとしています。

完全体としての空白期が長かったPRISTIN

2017年にデビューしたPRISTIN。その後、2017年に発売したアルバム『SCHXXL OUT』以降、完全体としてのカムバックはありませんでした。その後、ユニットであるPRISTIN Vとしての活動はありましたが、完全体のカムバックがなかなか無いことから、過去にファンが所属事務所に対し猛反発をしたことがあります。

ファンの反応はもっぱら「PLEDIS仕事しろよ」

このようなファンの反発があっても、結局所属事務所が何もアクションを起こさないまま解散となったPRISTIN。当然ながらファンは納得するわけがなく、所属事務所に対する不信感がより大きくなっているようです。

ファンの反応

・ハン・ソンス(PLEDISエンターテイメント代表)は本当にゴミ

・ハン・ソンスはPRISTINの未来に責任を取れ

・PRISTINじゃなくてPLEDISが解散するべき

・メンバーが本当にかわいそう

・新人なのに空白期が長いって一体…

PRISTINといえば、以前にI.O.Iのメンバーとして活動していたナヨンとギョルギョンが所属していることもあり、実力も兼ね揃えていた期待のガールズグループでしたが、わずか2年で解散という結果になったことで、所属事務所は今後も批判は免れないでしょう。

【2/3追記】PRISTIN解散直後当時の心境を語ったミンギョン

その後、PRISTIN時代の芸名であったロアから本名に改名、HINAPIAのメンバーとして2019年にデビューしたミンギョンですが、2月4日放送の『ビデオスター』にてPRISTIN解散直後の心境について語りました。ミンギョンいわく「売れると思っていたのに、グループが無くなった後私の価値が無くなった気がした」「起きているのが嫌で、眠ったまま永遠に覚めなければいいのにって思ったこともある」と極端な考えをしたことを明かしています。

원본 이미지

naver

また、これを聞いていた元2NE1のサンダラ・パクも解散当時の心境を語り「活動当時、私がグループに必要ないんじゃないかと思っていた」と涙、ミンギョンの思いに理解を示しています。

ABOUT ME
がっきー
K-POP、グルメに関心があります。