K-POP

所属事務所契約解除→事実を否定→正式に拘束が決まったユチョン「証拠隠滅&逃走の恐れあり」

麻〇使用容疑で所属事務所のCJesエンターテイメントから契約解除されたユチョンが4月26日の夜、正式に拘束が決まったようです。ユチョンは事実を否定し続けていましたが、裁判所の判決は全く異なったもののようです。

4月24日: 所属事務所から契約を解除される

ユチョンは薬〇検査で陽性反応が出たことで、4月23日に警察側がユチョンに対し事前拘束令状を申請。この知らせを受け、所属事務所から「これ以上パク・ユチョンと信頼関係を回復することができない」と専属契約を解除されました。

naver

その後も事実を否定していたユチョン

しかし、ユチョンは所属事務所契約解除後も否認を続けており、さらに弁護人が「どのように体内に薬物が入ったのか調査中」とコメントをしたことで、ネット上ではツッコミが相次ぎました。

naver

ネット上のコメント

・飲酒運転で捕まってもどうやってアル〇ールが入ったのか確認しなきゃ(笑)
・俺も…ご飯食べてないけど、体内にどうやって脂肪が蓄積されたのか確認しないと
・麻〇を口に入れてないんだったら足の毛から飲み込んだことになるねwwwwwwwwwww
・何のギャグなんだか…もはやパワーワード
・足の毛から麻〇成分が検出されたなら足の毛を拘束しないと、ユチョンに罪はない

4月26日夕方: 腕にロープを巻かれ留置場に運ばれたユチョン

ユチョンは4月26日、拘束前の被疑者尋問のため裁判所に出席しましたが、出席前にはマスコミの質問には一切答えなかったものの、余裕の姿勢を見せていました。しかし、その約1時間後に事態は一変。ユチョンは腕にロープをつけられた状態で姿を現しました。その後、拘束の可否が決まるまで留置場で待機することに。正式な拘束の可否は当日の夜に決定するとされていました。

naver

4月26日夜: 正式に拘束が決まったユチョン

そして、4月26日の午後8時ごろ、ユチョンの拘束が正式に決まったと報道がありました。裁判所は拘束令状を発布した理由が「証拠隠滅と逃走の恐れがある」と判断したとのことです。

naver