K-POP

パク・ジフンがMAROO企画の練習生からWANNA ONEのメンバーになるまでの経緯

残り単独コンサートだけの活動となったWANNA ONE。コンサート開催前から会場は涙の海に包まれるのではないかと予想されますが、今回は『プロデュース101』にて2位に輝いたパク・ジフンにフォーカスを当てて紹介していきたいと思います。

お茶の間をザワつかせたウインク王子

ジフンは『プロデュース101』放送当初から注目されていた練習生の1人です。テーマ曲『PICK ME』(나야 나)にて披露したウインクが話題となり、その整ったルックスで一躍大人気。この時点でファンの誰もが、ジフンはWANNA ONEのメンバーに選ばれることを確信していたでしょう。

その後の順位も上位圏をキープし、見事WANNA ONEのメンバー入りを果たしました。また、番組にて彼が発言した「君の心の中にセーブ」(내 마음 속에 저장)「ククカカ」(꾸꾸까까)という言葉はたちまち流行語となり、2017年の代名詞といっても過言ではありません。

WANNA ONEとしてのパク・ジフン

WANNA ONEになってからのジフンのポジションはラップ、そして愛嬌担当ということですが、実はダンスも得意です。ポッピンダンス、B-BOYを得意としており、『プロデュース101』でも披露しています。

パク・ジフンの魅力って?

そんなイケメンで可愛いらしい魅力のあるジフンは少しギャップ萌えする部分もあるようなのですが、他にどのような魅力があるのでしょうか?

Twitter

ファッションセンスが独特?

『プロデュース101』で注目されたうちのひとつがジフンのファッションセンス。その独特なセンスに他の練習生からは「理解できない」との声が相次ぎました。例を挙げれば、左右異なる色の靴紐や、ショッキングピンクカラーの通称『コチュジャンカーディガン』など、見る者を楽しませてくれるファッションでしたが、逆に「ジフンじゃないとできないファッション」「ジフンは何も着てもかっこいい」と、ファンにとってはジフンのそのファッションが中毒化してしまったようです。

演技も得意なパク・ジフン

実はジフンは子役出身。過去に演技の経験があるため、当然ながら現在も上手いです。特に得意としているのが泣きの演技で、そのリアリティ溢れる号泣の演技は大人をも圧倒してしまいます。子役の頃からすでに可愛かったんですね!


最近になり、ソロとしてのファンカフェ、そしてSNSもオープンしたジフン。その反響ぶりはさらにスターだけに大きいですが、ソロとしてもジフンはファンを心の中にセーブしてくれるでしょう。

Twitter

ABOUT ME
がっきー
K-POP、グルメに関心があります。