ラッパーOutsider、Youtuberから譲り受けた高価のワニを放置し死なせた疑惑が持ち上がり批判殺到。「僕の管理不足でした」と謝罪|人間翻訳機の雑食サイト
K-POP

ラッパーOutsider、Youtuberから譲り受けた高価のワニを放置し死なせた疑惑が持ち上がり批判殺到。「僕の管理不足でした」と謝罪

超高速ラッパーでお馴染みのOutsider(アウトサイダー)が9月7日、爬虫類のショップを運営しているYoutuberから「Outsiderに高価のワニを譲ったものの放置して死なせた」と暴露されたことで批判の声が相次ぐこととなりました。

Outsiderがワニの飼育を放棄し死なせた?

爬虫類のショップを運営しているYoutuberが9月7日、自身のブログにて「かつて飼育していたコビトカイマン(ワニの一種)が死んだ」といった長文を掲載します。以前にOutsiderが自ら希望して飼育したいと言ってきたため譲ったものの、ワニが死んだ数ヶ月後である現在にその事実を知ったことで「本当に悲しい」と語っています。Outsiderは以前から爬虫類マニアとして知られており、譲ってもらったコビトカイマンは約1000万ウォン相当と希少価値の高い一種とのこと。

원본 이미지

naver

「管理不足で申し訳ない」と謝罪したOutsider

この件で批判の声が多く相次いだOutsiderは9月9日、自身のinstagramにてYoutuberに直接会ったとし謝罪したことを明かしています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

아웃사이더 (OUTSIDER)(@outsiderworld)がシェアした投稿 –

Outsiderのinstagram全文

こんにちは、Outsiderです。

Youtuberの方と直接お会いし、話し合いをしてきました。

数年間爬虫両生類協会の宣伝大使として活動し、より多くの皆様に爬虫類を知らせる役割でありながら、管理不足により大切な生命を失ってしまったことに責任を感じています。

また、いい環境で育ててほしいと信じ、コビトカイマンを無料で譲って下さったYoutuberの方にも直接謝罪しました。

状況を説明いたしますと、コビトカイマンを僕が運営しているセンターの横2.4m x 縦1.2mの超大型の水槽に単独で飼育していましたが、その後しばらく預かっていた小ガメも一緒に入れて育てていました。1週間に1~2回、小型のマウスを2匹ずつ預かり、飼育していた中、とある日コビトカイマンに問題が起こったことを生物管理の職員から聞きました。しっぽが損傷していたとのことです。

その後、すぐに小ガメと引き離し、単独で飼育をしていたのですが、ケアを徹底していたものの、エサを食べなくなり、拒食により命を落としてしまいました。

僕も本当に悲しかったのですが、Youtuberの方に直接お会いし話さなければならないと思ったものの、新型コロナウイルスの影響で僕の店舗が1ヶ月以上営業を中断していることと、大幅な人員削減なども重なりすぐには対応できなかったことに関し、これもやはり僕の責任であると痛感しています。

どんな理由であれ大切な生命を奪ってしまったこと、直ちに連絡をしなかったことに対し、爬虫類を愛し、爬虫類のおかげでつらい時間を乗り越えることができたひとりの人間として、Youtuberの方と天国のコビトカイマンに重荷を背負わせてしまいました。

Youtuberの方と直接お会いしては謝罪し、その際の状況をはじめ、コミュニケーション不足による誤解を解き、これ以上憶測と誹謗中傷が流れるのは何よりもコビトカイマンとお互いに再び大きな傷になるということを認知し、コビトカイマンを安らかに見送ろうと話し合いました。

最後に、僕がこんなことを言える立場ではないことは分かっているのですが、僕の監督不行き届きにより純粋に爬虫類を愛する方々の飼育活動など、爬虫両生類を一般的に知らせる活動、文化の拡散のため保障されなければならない個人の飼育や爬虫類専門ショップの譲渡活性化に関連し、皆様の誤解と偏見がないことを祈るばかりです。爬虫類市場、そして皆様がつらい思いをしているこの時期に僕のせいでご迷惑をおかけしましたことをお詫びいたします。

Outsider(シン・オクチョル)

Youtuberもinstagramにて報告し事態が収束する

その一方で、Youtuberもこの件でOutsiderと話し合ったことを報告、お互いに誤解を解き、事態が収束したことを明かしています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

김주식/파충류/다흑님/더쥬(@thezoo1201)がシェアした投稿 –

Youtuberのinstagram全文

こんにちは。

今回の騒動に関連し、Outsiderさんと話し合いました。

まず、内容を簡潔に言いますと、僕の育てていたワニをOutsiderさんに共同所有で飼育をお願いしたのですが、ワニが死んだにも関わらずOutsiderさんから連絡が来なかったことが事の始まりです。

そして最も騒動となったワニが死んだ件で、原因を尋ねたところ「カメが食べたみたいです」といった言葉を本人からではなく、スタッフの方から聞きました。該当のスタッフが生物管理の専門家ではないことから正確な状況が分からず、このような形で聞くこととなりました。

この件に関し、事実とは異なる部分があります。

そのため、この件でOutsiderさん本人が話したものだと誇張され、記事になってしまったことから多くの皆様に誤解を与えてしまいました。

また、長期間連絡が無かったことについては直接謝罪があり、コロナのため店舗の運営に大きな打撃を受けたことで忙しい日々であったこと、また電話ではなく直接会って謝罪したいという思いで連絡が遅れたとのことです。

僕も最近育児が始まり、またコロナで店舗の状況が良くないことと、家庭の問題まで一度に複数のことが重なり、全てのことを解決することがどれだけ大変かじゅうぶん理解できるため、いい方向で誤解を解いている次第です。

もちろん、コビトカイマンを愛する多くの皆様の失望も大きいと思います。この点については僕も深く反省しています。

Outsiderさんも直ちに立場を明らかにすると直接聞きました。ひとつだけお願いしたいことがあります。長い時間が過ぎ忘れようとしていたのですが、忙しい日々の中でこれ以上思い出したくないことなので、記者の皆様やコミュニティのユーザーの皆様には上から目線で聞こえるかもしれませんが、これ以上言及しないでもらえるとありがたいです。